異次元(いじげん)からの埋葬(まいそう)/Burial from a Different Dimension》

速攻魔法(準制限カード)
(1):除外されている自分及び相手のモンスターの中から
合計3体まで対象として発動できる。
そのモンスターを墓地に戻す。

 デュエリストパック−十代編2−で登場した速攻魔法
 除外されているモンスターを合計3枚まで墓地に戻す効果を持つ。

 墓地に戻すカード自分相手を問わずに選択できるため、活用の幅は広い。
 自分モンスター墓地に戻せば墓地融合を始めとする墓地コストサルベージに繋げられる。
 例えば【ダークモンスター】では、ダークモンスター召喚条件モンスター効果の発動の補助に利用でき、特に《ダーク・アームド・ドラゴン》であればこのカード1枚が3枚分の除去に化ける。
 【アンデット族】《馬頭鬼》《ゾンビキャリア》【BF】《BF−大旆のヴァーユ》【ドラゴン族】《真紅眼の飛竜》等、墓地から自身を除外することで発動する効果の再利用にも役立つ。
 《黄泉ガエル》などの自己再生モンスター除外された時の保険としても有効。

 相手除外されたモンスター戻す場合は、《D・D・R》《異次元の生還者》《異次元の偵察機》《次元合成師》等の発動チェーンして不発にさせる事ができる。
 《ディノインフィニティ》《紅蓮魔獣 ダ・イーザ》弱体化させたり、ライトレイモンスター特殊召喚を妨害したりすることもできる。
 とは言え、相手除外を活用するとは限らないので、除外へのメタカードとしてよりは、自分モンスター墓地に戻すことを主目的として採用すべきだろう。  

  • アニメZEXALの「ドロワvsトロン」戦では、トロンの手札にあるのが確認できる。
    デュエルで使用された《紋章獣アバコーンウェイ》とのシナジーを目当てに投入されていたのだろうが、結局は発動されずに終わった。
    ZEXALII(セカンド)第81話では、スポーツデュエル大会の百人一首で使われていた。

関連カード

墓地の自身を除外して効果を発動・使用するモンスター

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等

FAQ

Q:《マクロコスモス》効果適用中に発動する事は可能ですか?
A:はい、発動する事は可能です。
  対象に選択したモンスターカード持ち主墓地に戻します。(07/12/24)
  (「墓地へ送る」ではなく「墓地に戻す」であるため)

Q:《ダンディライオン》墓地に戻した場合、《ダンディライオン》誘発効果発動しますか?
A:いいえ、「墓地に戻す」処理であるので、「墓地へ送られた時」に発動条件を満たす効果モンスター誘発効果発動しません。

Q:墓地以外から除外されたものは、《異次元からの埋葬》の効果を適用し墓地に戻すことができるのでしょうか?
A:墓地以外から除外されたカードでも、墓地に戻すことが可能です。

Q:墓地に戻すモンスターを選択するタイミングは効果発動時ですか、それとも効果解決時ですか?
A:効果発動時除外されているモンスター対象に選択します。(10/07/17)


Tag: 《異次元からの埋葬》 速攻魔法 魔法

広告