異次元(いじげん)指名者(しめいしゃ)/D.D. Designator》

通常魔法
カード名を1つ宣言する。
相手の手札を確認し、宣言したカードが相手の手札に存在する場合、
そのカード1枚をゲームから除外する。
宣言したカードが相手の手札に存在しなかった場合、
自分の手札をランダムに1枚ゲームから除外する。

 混沌を制す者で登場した通常魔法
 カード名宣言し、ピーピング手札破壊する効果を持つ。
 通常罠《マインドクラッシュ》相互互換関係にある。

 効果《マインドクラッシュ》とほぼ同じだが、こちらは通常魔法であり、宣言したカード除外される点が異なる。
 基本的な使い方は《マインドクラッシュ》のページを参照。

 《マインドクラッシュ》と比較すると、フリーチェーンカードではない点で大きく扱いにくくなっている。
 《マインドクラッシュ》は、相手サーチサルベージを行った直後にそのカード宣言するのが基本的な使い方である。
 だが、このカード自分メインフェイズにしか発動できないため、サーチしたカードを即召喚発動された場合は役に立たない。
 また、儀式魔法チェーンして儀式モンスター宣言したり、《バトルフェーダー》効果の発動チェーンして《バトルフェーダー》自身を宣言したりといった柔軟性もない。
 効果自体はほぼ同じでありながら、《マインドクラッシュ》の方が圧倒的に汎用性が高く、採用率には雲泥の差がある。

 《マインドクラッシュ》のように相手サーチ効果に合わせて使用できないので、このカードを使う場合は相手手札ピーピングするカードが必要となる。
 これに特化したデッキについては【指名ハンデス】を参照。
 ただし、《エフェクト・ヴェーラー》等のように、宣言してもチェーン発動でかわされる可能性のあるカードには注意が必要である。

 《マインドクラッシュ》と同様に、自分手札《ネクロフェイス》等の除外したいカードのみにしておき、わざと相手手札に存在しないカード宣言してそれらを除外するという戦術もある。
 【ネクロフェイス】であれば、とりあえず《ネクロフェイス》宣言しておけば、万が一相手の手札《ネクロフェイス》があった場合も同様の結果が得られる。

  • 原作・アニメにおいて―
    アニメ版DMで、戦いの儀の前に海馬が遊戯に差し出したジュラルミンケースの中に入っていたカードの1枚。
  • コナミのゲーム作品において―
    宣言」参照。

関連カード

イラスト関連

収録パック等

FAQ

Q:自分手札が0枚の時に発動できますか?
A:できません。(10/11/14)

Q:効果解決時に他のカード効果相手手札が0枚になった場合、宣言したカード相手手札に存在しなかった扱いになり自分手札除外する効果適用されますか?
A:いいえ、適用されません。(10/07/10)

Q:このカード発動チェーンをして《王宮の鉄壁》発動され除外できなくなった場合、相手手札確認する処理だけ行ないますか?
A:いいえ、その場合手札確認する処理も行ないません。(13/02/13)


Tag: 《異次元の指名者》 魔法 通常魔法

広告