異次元(いじげん)戦士(せんし)/D.D. Warrior》

効果モンスター
星4/地属性/戦士族/攻1200/守1000
このカードがモンスターと戦闘を行った時、
そのモンスターとこのカードをゲームから除外する。

 Vol.7で登場した地属性戦士族下級モンスター
 自身がモンスター戦闘を行ったダメージ計算後発動する、強制発動誘発効果を持つ。
 ダメージ計算時に行われたダメージの判定に拘らず、そのモンスターと自身をゲームから除外する
 効果解決時ゲームから除外する処理を行う効果モンスターに於ける、開祖に当たる存在である。

 耐性を持つものを除き、戦闘にさえ持ち込めば、高い確率で1:1交換を強いる事ができる。
 低ステータスモンスター戦闘を行った際にも強制発動するという欠点を抱えているが、然程致命的ではない。
 モンスタートークンの処理には少々まごつくかもしれない。

 地属性である点に目を向けると、《巨大ネズミ》《荒野の女戦士》の他、ランク3の《M.X−セイバー インヴォーカー》によるリクルートに対応する。
 同じランク3にはこのカードを再利用できる《虚空海竜リヴァイエール》も存在するため、ランク3のエクシーズ召喚を多く狙えるデッキでは活躍が期待できる。

 このカードの登場後しばらくして、ステータスで勝り、しかも除外任意効果という、上位互換《異次元の女戦士》が新たに登場した。
 しかし、現在は上記のカードシナジーするメリットがあるので、自分デッキに向いている方を採用すると良い。
 《奈落の落とし穴》《平和の使者》に掛からない、《王虎ワンフー》破壊される、といった違いもある。

  • 原作・アニメにおいて―
    「バトルシティ編」におけるアニメオリジナル「海馬vsデュエルロボ」戦において海馬が使用。
    セットされただけで出番は無く、このカード自爆特攻して後続の攻撃でも勝てたが、《オベリスクの巨神兵》生け贄となった。
    また、「ドーマ編」において羽蛾と竜崎に提供したカード群の中にも確認できる。
  • アニメ5D'sの「アキvsミスティ」(1戦目)においてアキが使用した罠カード《次元回帰》のイラストに描かれている。

関連カード

―《異次元の戦士》の姿が見られるカード

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等

FAQ

Q:守備表示のこのモンスター《レッド・デーモンズ・ドラゴン》攻撃された場合、このモンスター効果発動破壊されていますが、除外する効果発動しますか?
A:発動し、《レッド・デーモンズ・ドラゴン》除外されます。(10/04/24)


Tag: 《異次元の戦士》 効果モンスター モンスター 星4 地属性 戦士族 攻1200 守1000

広告