異次元(いじげん)戦士(せんし)/D.D. Warrior》

効果モンスター
星4/地属性/戦士族/攻1200/守1000
このカードがモンスターと戦闘を行った時、
そのモンスターとこのカードをゲームから除外する。

 Vol.7で登場した地属性戦士族下級モンスター
 戦闘後にダメージの判定に関わらず自身と相手モンスター除外する誘発効果を持つ。

 除外効果を持つ効果モンスターの開祖である。
 後にこのカード上位互換といえる《異次元の女戦士》が登場している。
 《異次元の女戦士》は同様の効果であるが任意効果であり、ステータスも攻守共にこのカードを上回っている。
 こちらは強制効果なので、攻撃力1200未満のモンスター戦闘を行った際にも強制発動し勝手に除外されてしまうという欠点を抱えている。

 《異次元の女戦士》とは属性が異なり、あちらは光属性、こちらは地属性である。
 ただ、地属性メリットが乏しく活用が難しい属性で、《M.X−セイバー インヴォーカー》リクルートできるものの守備表示の上に1ターン自壊するので活用は難しい。
 《荒野の女戦士》で出せる、《奈落の落とし穴》《平和の使者》に掛からない、《王虎ワンフー》破壊される、といった違いもあるが、このカードの優位性と呼ぶのは難しい。
 無理に《異次元の女戦士》と差別化を図るより、一緒に【次元斬】に入れるべきカードだろう。

  • 原作・アニメにおいて―
    「バトルシティ編」におけるアニメオリジナル「海馬vsデュエルロボ」戦において海馬が使用。
    セットされただけで出番は無く、このカード自爆特攻して後続の攻撃でも勝てたが、《オベリスクの巨神兵》生け贄となった。
    また、「ドーマ編」において羽蛾と竜崎に提供したカード群の中にも確認できる。
  • アニメ5D'sの「アキvsミスティ」(1戦目)においてアキが使用した罠カード《次元回帰》のイラストに描かれている。

関連カード

―《異次元の戦士》の姿が見られるカード

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等

FAQ

Q:守備表示のこのモンスター《レッド・デーモンズ・ドラゴン》攻撃された場合、このモンスター効果発動破壊されていますが、除外する効果発動しますか?
A:発動し、《レッド・デーモンズ・ドラゴン》除外されます。(10/04/24)


Tag: 《異次元の戦士》 効果モンスター モンスター 星4 地属性 戦士族 攻1200 守1000

広告