異次元(いじげん)探求者(たんきゅうしゃ)

効果モンスター
星3/闇属性/サイキック族/攻1500/守 800
このカード名の(1)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):自分フィールドの表側表示モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを次のターンのエンドフェイズまで除外する。
この効果は相手ターンでも発動できる。

 EXTREME FORCEで登場した闇属性サイキック族下級モンスター
 自身を含む自分モンスター一定期間だけ除外する誘発即時効果を持つ。

 フィールド効果発動するため、一部リクルーター《緊急テレポート》に対応している点を活かしフィールドに出していくのがいいだろう。
 《ゼンマイラビット》とよく似ているが、こちらは対象に制限がなく、ターンが経過すれば再度効果を使える。
 《ゼロ・フォース》などとの相性が良いのはあちらと同様である。

 ただ、戻ってくるのが「次のターンエンドフェイズ」なので、相手ターン除外した場合の使い勝手が異なる。
 相手ターン発動した場合、次の自分エンドフェイズに戻ってくるため自分メインフェイズ中に各種素材に使うなどの運用はできないのである。
 フィールドに戻ってきたエンドフェイズに即座に効果を使い他のモンスター除外し、次のターンまた除外するという動きも可能ではある。

 対象に制限がないことから、エクストラモンスターゾーンモンスターメインモンスターゾーンに移したり、除去を回避する目的で利用できる。
 自分ターンで他のモンスター除外しても、次の相手ターンでまた効果を使えるため、自身を除外して除去回避を狙える。

 【チェーンビート】に投入すれば、属性が共通する《ヴェルズ・サンダーバード》と似たような運用も可能。
 こちらはステータスで劣り、攻撃力アップのような追加効果もない代わりに、効果の発動に特別なトリガーを必要としないため扱いやすい。
 リクルート手段の豊富さでも勝っており、《緊急テレポート》リクルートした後に自身を除外することで、エンドフェイズ除外デメリットを回避できる。
 他にも、同じくサイキック族である点を活かすならば、《マックス・テレポーター》との相性がよい。
 《マックス・テレポーター》効果でこのカードリクルートし、《マックス・テレポーター》除外することで、次の自分ターンにまた《マックス・テレポーター》効果を利用できる。

  • 「探求者」とあるが、効果では本人だけではなく同僚を異次元探求の旅に送り出すことができる。
    あるいは、既に異次元を探求し精通したからこそこの能力が使えるという事だろうか。

関連カード

イラスト関連

収録パック等


Tag: 《異次元の探求者》 効果モンスター モンスター 星3 闇属性 サイキック族 攻1500 守800

広告