異次元(いじげん)邂逅(かいこう)/Different Dimension Encounter》

通常罠
(1):お互いに、除外されている自分のモンスターが1体以上存在する場合に発動できる。
お互いのプレイヤーは、それぞれ除外されている自分のモンスター1体を選んで裏側守備表示で特殊召喚する。

 ネクスト・チャレンジャーズで登場した通常罠
 お互いモンスター1体を裏側守備表示帰還させる効果を持つ。

 お互いモンスター除外されている必要はあるものの、破壊などのデメリットなしで帰還が可能。
 自分ターン発動するとそのターン中は裏側守備表示から変更できず各種素材に使用しにくくなるので、相手エンドフェイズなどで発動したい。
 その後の自分ターン反転召喚する事で、リバースした時・反転召喚に成功した時の効果を再利用しつつ、各種の素材に活用できる。
 ただし、手札コストこそあるものの、このカードよりも比較的扱いやすい《早すぎた帰還》が存在するので、このカードの採用は厳しい。

  • 「邂逅」とは、「思いがけなく出会うこと」「偶然の出会い」「巡り合い」という意味である。

関連カード

イラスト関連

収録パック等

FAQ

Q:相手《スケープ・ゴート》発動してそのターン相手のみが特殊召喚できない状況の時に自分はこのカード発動できますか?
A:いいえ、発動できません。(14/07/19)

Q:特殊召喚できないモンスターしか除外されていない場合、発動できますか?
A:いいえ、発動できません。(14/07/19)

Q:このカードの効果処理時に自分または相手除外されているモンスターが存在しない場合、自分または相手のみが除外されているモンスター特殊召喚できますか?
A:はい、特殊召喚できるモンスターが存在するプレイヤーのみ、特殊召喚を行います。(14/07/19)

Q:自分または相手モンスターゾーンに空きがない場合、このカード発動できますか?
A:いいえ、発動できません。(14/08/28)

Q:このカードの効果処理時に自分または相手モンスターゾーンに空きがなくなった場合、自分または相手のみが除外されているモンスター特殊召喚できますか?
A:はい、特殊召喚できるモンスターが存在するプレイヤーのみ、特殊召喚を行います。(14/08/28)


Tag: 《異次元の邂逅》 通常罠

広告