異次元(いじげん)への案内人(あんないにん)/D.D. Guide》

効果モンスター
星4/闇属性/戦士族/攻1400/守1000
このカードの召喚に成功した時、このカードのコントロールは相手に移る。
エンドフェイズ毎に、相手はこのカードのコントローラーの墓地から
カード1枚を選択しゲームから除外する。

 SHADOW OF INFINITYで登場した闇属性戦士族下級モンスター
 召喚に成功した自身を送りつけ誘発効果と、エンドフェイズ毎にコントローラー墓地からカード除外する誘発効果を持つ。

 召喚するとコントロール相手に移り、その後このカードコントローラーから見て相手除外するカードを選ぶ。
 つまり「このカード持ち主から見て相手墓地を、持ち主が選択して除外する」事になる。
 お互いターン1往復につき2枚の墓地アドバンテージを奪うことが可能だが、大概は即座にリリースシンクロ素材エクシーズ素材にされてしまう。
 ランク4のエクシーズモンスターを利用するデッキが多い環境では、このカード相手送りつける事は敵に塩を送るに等しい。

 除外効果はおまけと考え、召喚するだけで簡単にコントロール転移できることを利用したい。
 例えば【コスモロック】では、《宇宙の収縮》で制限された相手の場を埋めるために使える。
 相手フィールド上に表側表示モンスターがいない時にこのカードを送りつければ、《群雄割拠》《御前試合》で簡易ロックできる。
 ただ、このカード送りつけ召喚権を使うため、ドローさせるデメリットはあるものの特殊召喚での送りつけが可能な《サイレント・ウォビー》の方が使いやすい点は否めない。
 一応属性種族面のサポートカードは多いが、《群雄割拠》《御前試合》ロックを仕掛ける場合メジャーな属性種族がかえって足を引っ張る。

  • コナミのゲーム作品においてー
    デュエルリンクスの期間限定イベント「異次元の塔」において、その名の通り案内役として登場している。

関連カード

収録パック等

FAQ

Q:「エンドフェイズ毎に、相手はこのコントローラー墓地からカード1枚を選択しゲームから除外する。」というのは、このカード召喚したプレイヤーエンドフェイズに行うのですか?
A:「相手の」や「自分の」等指定が無い場合はどちらのプレイヤーエンドフェイズでも効果が発揮されます。

Q:自分召喚相手コントロールが移る場合、相手フィールド上のどこに配置するかはどちらのプレイヤーが決めますか?
A:相手が決定します。(17/11/26)


Tag: 《異次元への案内人》 効果モンスター モンスター 星4 闇属性 戦士族 攻1400 守1000

広告