異次元(いじげん)トンネル−ミラーゲート−/Mirror Gate》

通常罠
自分フィールド上に表側表示で存在する「E・HERO」と名のついたモンスターを
攻撃対象にした相手モンスターの攻撃宣言時に発動する事ができる。
相手の攻撃モンスターと攻撃対象となった自分モンスターの
コントロールを入れ替えてダメージ計算を行う。
このターンのエンドフェイズ時まで
コントロールを入れ替えたモンスターのコントロールを得る。

 TACTICAL EVOLUTIONで登場した通常罠
 相手モンスターE・HERO攻撃宣言した際に発動でき、それらを発動ターンエンドフェイズ時までコントロール交換して、強制的にダメージ計算を行う効果を持つ。

 コントロールを入れ替えてダメージ計算を行うため、本来自分が受ける戦闘ダメージ相手に移ることになる。
 しかし、コントロール奪取した相手モンスターエンドフェイズ相手フィールドへ戻り、自分E・HEROは基本的に戦闘破壊されるため返ってこない。
 結果として単に戦闘ダメージを移し換えただけであり、単体では直接攻撃にも対応する《ディメンション・ウォール》下位互換である。

 そのため、コントロール奪取した相手モンスターをそのターン中に何らかの方法で利用したい。
 もっとも、相手ターン中に自分フィールド上のモンスターコストにできるカードに扱いやすいものがあまりないのは厳しいところ。
 サクリファイス・エスケープ系のカードのほか、《強制終了》などバトルフェイズ発動可能なものから合ったものを探したい。

  • 初登場は2004年10月13日の放送分だが、OCG化まで2年半も要している。
  • 劇中でこのカード発動したシーンのほとんどでは画面が左右反転する演出がなされた。

関連カード

収録パック等

FAQ

Q:自分モンスター相手モンスターが「罠の効果を受けないモンスターだった場合、《異次元トンネル−ミラーゲート−》は発動できますか?
A:はい、発動できます。その場合効果無効になります。(10/08/02)

Q:《摩天楼 −スカイスクレイパー−》適用中にこのカード発動しました。
  相手コントロールの移ったE・HEROよりもコントロールを得たモンスター攻撃力が高かった場合、E・HERO《摩天楼 −スカイスクレイパー−》効果攻撃力はアップしますか?
A:はい、攻撃力はアップします。(10/08/02)

Q:このカード発動し、コントロール交換をしダメージ計算をするまでですが、バトルステップ時に《強制脱出装置》や、ダメージステップに入って《収縮》ダメージ計算時の《オネスト》あるいは《クリボー》発動できますか?
A:いずれも発動できず、ダメージ計算を行います。(13/07/10)

Q:コントロール交換してのダメージ計算後、両方のモンスターフィールド上に残っている場合、エンドフェイズにいずれのモンスターも元に戻しますか?
A:戻します。(13/07/10)


Tag: 《異次元トンネル−ミラーゲート−》 通常罠

広告