異星(いせい)最終戦士(さいしゅうせんし)/The Last Warrior from Another Planet》

融合・効果モンスター
星7/地属性/戦士族/攻2350/守2300
「ダーク・ヒーロー ゾンバイア」+「魔力吸収球体」
このカードが特殊召喚に成功した時、
このカード以外の自分フィールド上に存在するモンスターを全て破壊する。
このカードがフィールド上に表側表示で存在する限り、
お互いにモンスターを召喚・反転召喚・特殊召喚する事はできない。

 Labyrinth of Nightmare −悪夢の迷宮−で登場した地属性戦士族融合モンスター
 自身を除いた自分モンスターを全て破壊する誘発効果お互い召喚反転召喚特殊召喚を封印する永続効果を持つ。
 特殊召喚を含む効果発動も許さない。

 融合召喚を含む全ての特殊召喚に成功した時に全体除去効果発動するものの、反転召喚時などには発動しない。
 つまり、《月の書》などで裏側守備表示にして戦線を確保し、その後にこのカード反転召喚しても自軍破壊は起きない。
 また、特殊召喚を経由する事のない《ヴェルズ・サンダーバード》《ゼンマイラビット》《亜空間物質転送装置》破壊耐性をもつ《M・HERO ヴェイパー》などを用いる事でも、モンスターを同時に並べられる。
 《禁じられた聖杯》と相性がよく、自身の効果を一時的に無効にできるため、同時展開が可能なだけでなく、このカードが苦手とする《スノーマンイーター》等の裏側守備表示で機能するモンスターや、《魂を削る死霊》などの戦闘破壊耐性持ちを処理できるようになるなど、攻防ともに補助できる。
 ただし自身に使用した場合、《冥府の使者ゴーズ》《リビングデッドの呼び声》といった相手ターンでの特殊召喚を許すため注意が必要である。

 このカードが存在する場合、基本的には1ターンに1度裏側守備表示での通常召喚しか行えないので、自分モンスターが2体以上ならば戦闘破壊直接攻撃という流れが決まりやすく、フィールドの膠着を防ぎやすい。
 《一刀両断侍》《ミスティック・ソードマン LV2》等で裏側守備表示を処理、あるいは《流星の弓−シール》等での直接攻撃《聖なる輝き》によるロックといった動きが考えられる。
 ただし融合召喚自体、消費および必要カードが多く、魔法・罠カードに無防備な点も含め、恒久的な維持は困難で、手札事故も招きやすい。
 カウンター罠《禁じられた聖槍》といった防御ももちろん有効だが、召喚特殊召喚封じを狙うならば、完全でなくともローリスクで行えるカードコンボも他に存在するため、よく考慮する必要があるだろう。

 融合召喚後に、融合素材《魔力吸収球体》《神の宣告》《ポールポジション》等で固める手もある。
 ただ、《魔力吸収球体》は《異星の最終戦士》の効果によって破壊され、表側表示での召喚も封じられてしまう。
 そのため、《魔力吸収球体》裏側守備表示セットした後、《太陽の書》などで表側表示にする必要があるが、決まれば相手は何もできずに一気に押せることがあるので使い方によっては強力。
 《魔力吸収球体》《沼地の魔神王》共々《サルベージ》すれば、有効な《融合》補助となる。
 《ダーク・ヒーロー ゾンバイア》を即座に手札加えるため、《増援》も投入したい。
 また、サーチリクルートが容易な《E・HERO プリズマー》はどちらの代用も可能な点に加え、墓地にあっては《ミラクル・フュージョン》で利用できる。

 《融合》以外に《巨大ネズミ》からリクルートできる《融合呪印生物−地》も有効な召喚補助となる。
 《E・HERO ジ・アース》融合素材とも相性は良いが、肝心の融合モンスター同士の相性が悪いのが難点。
 しかし《E・HERO アブソルートZero》とは素材とサポートがどちらも共有可能で相性が良い。
 このカード除去されると、相手の溜め込んだモンスターによる大量展開が予想されるが、《ミラクル・フュージョン》《E・HERO アブソルートZero》を展開しておくだけでこれを牽制できる。
 前述のとおり《M・HERO ヴェイパー》は先出し限定だが共存できるので、《サルベージ》《E・HERO プリズマー》などを共有できる水属性HERO《マスク・チェンジ》をセットで組み込むのも面白い。

 現在の環境では恒久的な維持は困難だが、一度融合召喚すれば、蘇生が可能である。
 除去されたとしても、《リビングデッドの呼び声》カウンター的に蘇生すれば再度ロックをかけられ、チェーンブロックを作るものならばアドバンテージも稼げる。
 このカードと同時に使用する事こそできないが、《リビングデッドの呼び声》自体は、《融合呪印生物−地》《魔力吸収球体》E・HEROの一部ともシナジーがあり、無理なく利用できる。

関連カード

収録パック等

FAQ

Q:《デビルズ・サンクチュアリ》のような、トークン生成カードによるトークン特殊召喚は可能ですか?
A:トークンモンスター扱いなので、特殊召喚できません。(08/05/24)

Q:《異星の最終戦士》がフィールド上に存在するときに、《名推理》《モンスターゲート》(《異星の最終戦士》以外を生け贄でも)を発動することはできますか?
A:いいえ、どちらでもできません。(09/07/30)

Q:《異星の最終戦士》の効果適用されてるときに、《死者蘇生》は発動することができますか?
A:いいえ、できません。(08/05/24)

Q:《異星の最終戦士》適用中に《未来融合−フューチャー・フュージョン》発動できますか?
A:いいえ、できません。(10/03/07)

Q:《異星の最終戦士》を生け贄に、《溶岩魔神ラヴァ・ゴーレム》《D−HERO Bloo−D》特殊召喚することはできますか?
A:いいえ、できません。(08/06/06)

Q:このモンスター生け贄にして召喚を行うことはできますか?
A:いいえ、できません。(08/05/27)

Q:このカードをシンクロ素材にできますか?
A:いいえ、できません。(09/02/03)

Q:このカードをエクシーズ素材にできますか?
A:いいえ、できません。(13/03/28)

広告