異星(いせい)最終戦士(さいしゅうせんし)/The Last Warrior from Another Planet》

融合・効果モンスター
星7/地属性/戦士族/攻2350/守2300
「ダーク・ヒーロー ゾンバイア」+「魔力吸収球体」
このカードが特殊召喚に成功した時、
このカード以外の自分フィールド上に存在するモンスターを全て破壊する。
このカードがフィールド上に表側表示で存在する限り、
お互いにモンスターを召喚・反転召喚・特殊召喚する事はできない。

 Labyrinth of Nightmare −悪夢の迷宮−で登場した地属性戦士族融合モンスター
 自身を除いた自分モンスターを全て破壊する誘発効果お互い召喚反転召喚特殊召喚を封印する永続効果を持つ。

 セット以外のあらゆる召喚行為を封じる高い制圧能力を持つ。
 このカード特殊召喚した後は、効果無効化されるか除去されない限り、モンスターセットすることしかできない。
 高速化する環境においては召喚トリガーとする効果を持つモンスターや、特殊召喚で展開を狙うことが多く、この効果はそういったモンスターに対して強く刺さる。

 しかし、一切の耐性を持たないこのカードを維持し続けることは難しい。
 戦闘モンスター効果による除去に対しては召喚特殊召喚封じである程度カバーできるため、魔法・罠カード対策を中心に用意したい。
 一度融合召喚すれば蘇生可能となるので、このカードフィールドに存在すると腐るという欠点はあるが、繰り返しの特殊召喚を狙う構築とするのも良いだろう。

 特殊召喚時に自分フィールドリセットされるため、そのままではこのカードでしか攻撃できず、攻め手に欠ける。
 特にこのカード戦闘破壊できないモンスターにされると、戦線の膠着を招くことになる。
 対処法としては、以下のような物があげられる。

  1. 一定期間だけ除外する効果を使う。
    特殊召喚ではない方法でフィールドに戻る《ヴェルズ・サンダーバード》《ゼンマイラビット》なら問題なく併用できる他、このカード一定期間だけ除外し、その間に展開するのも手。
  2. 破壊されない耐性を持つ《M・HERO ヴェイパー》《魔王龍 ベエルゼ》、このカードの効果から守れる《閃こう竜 スターダスト》《禁じられた聖槍》等を併用する。
  3. セットしたモンスター《太陽の書》等でリバースする。
  4. 《聖なる輝き》モンスターセットも封じる。
  5. 《ゴーストリック・ハウス》《流星の弓−シール》等で直接攻撃を行う。
  6. 《禁じられた聖杯》等で一時的に効果無効にしたり、《月の書》等で裏側守備表示にしたりして、その間に展開する。
    ただし、この場合は相手《リビングデッドの呼び声》等で特殊召喚が可能となる。

 維持できれば相手の行動を大きく制限できるが、維持の難度に加え、融合召喚自体が抱える手札事故や消費の多さが欠点となる。
 融合素材となる《ダーク・ヒーロー ゾンバイア》《魔力吸収球体》は単体の性能自体はまずまずだが、属性種族が異なりサポートカードの共有が困難となる。

 《デビル・フランケン》ならばライフコストこそあるものの、これらの欠点を無視して特殊召喚でき、環境においてもこの方法が主流となっている。
 その他の方法では、どちらか一方のみを採用して他方は融合素材代用モンスターで賄うという手もある他、《融合呪印生物−地》での特殊召喚も狙える。
 両方を採用する場合、《ダーク・ヒーロー ゾンバイア》戦士族サポートカードを共有できる《E・HERO プリズマー》《E・HERO ブレイズマン》等のHEROを中心として、《魔力吸収球体》《沼地の魔神王》を投入する手もある。
 《魔力吸収球体》《沼地の魔神王》水属性のため、このカードと相性の良い《E・HERO アブソルートZero》《M・HERO ヴェイパー》も利用しやすくなる。
 また《サルベージ》にも両者が対応するので、これらによる融合召喚を狙い、《ダーク・ヒーロー ゾンバイア》を採用しない構築も考えられる。

  • 原作・アニメにおいて―
    アニメARC-V14話でティオが持っていたマルコのカードの中に確認できる。
    21話において、遊矢が読んでいた雑誌「Dステップ」の記事の《魔力吸収球体》の解説では、「みんな大好き『異星の最終戦士』の融合素材にもなれる」という記述があった。
    融合召喚が流行っていない世界ではあるが、人気のようだ。

関連カード

融合素材

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等

FAQ

Q:《デビルズ・サンクチュアリ》のような、トークン生成カードによるトークン特殊召喚は可能ですか?
A:トークンモンスター扱いなので、特殊召喚できません。(08/05/24)

Q:《異星の最終戦士》がフィールド上に存在するときに、《名推理》《モンスターゲート》(《異星の最終戦士》以外を生け贄でも)を発動することはできますか?
A:いいえ、どちらでもできません。(09/07/30)

Q:《異星の最終戦士》の効果適用されているときに、《死者蘇生》発動することができますか?
A:いいえ、できません。(08/05/24)

Q:《異星の最終戦士》適用中に《未来融合−フューチャー・フュージョン》発動できますか?
A:いいえ、できません。(10/03/07)

Q:《異星の最終戦士》を生け贄に、《溶岩魔神ラヴァ・ゴーレム》《D−HERO Bloo−D》特殊召喚することはできますか?
A:いいえ、できません。(08/06/06)

Q:このモンスター生け贄にして召喚を行うことはできますか?
A:いいえ、できません。(08/05/27)

Q:このカードシンクロ素材にできますか?
A:いいえ、できません。(09/02/03)

Q:このカードエクシーズ素材にできますか?
A:いいえ、できません。(13/03/28)

Q:相手フィールドに《異星の最終戦士》が、自分フィールド《D−HERO Bloo−D》が存在しています。
  《D−HERO Bloo−D》リリースアドバンス召喚をしようとする場合、どうなりますか?
A:その場合、《D−HERO Bloo−D》リリースしてアドバンス召喚をすることができません。(17/12/21)

Q:相手フィールドに《異星の最終戦士》が、自分フィールド《D−HERO Bloo−D》が存在しています。
  《D−HERO Bloo−D》除外《異次元の精霊》特殊召喚できますか?
A:その場合、《D−HERO Bloo−D》除外《異次元の精霊》特殊召喚することができません。(17/12/21)

Q:相手フィールドに《異星の最終戦士》が、自分フィールド《D−HERO Bloo−D》が存在しています。
  《D−HERO Bloo−D》融合素材《融合》融合召喚を行うことができますか?
A:その場合、《融合》発動すること自体ができません。(17/12/21)

Q:相手フィールドに《異星の最終戦士》が、自分フィールド《D−HERO Bloo−D》が存在しています。
  《D−HERO Bloo−D》破壊《真竜皇アグニマズドV》破壊特殊召喚が同時扱い)を特殊召喚できますか?
A:その場合、《真竜皇アグニマズドV》効果発動し、「手札及び自分フィールド表側表示モンスターの中から、炎属性モンスターを含むモンスター2体を破壊し、このカード手札から特殊召喚」する処理を行うことができます。(17/12/21)


Tag: 《異星の最終戦士》 融合モンスター 効果モンスター モンスター 星7 地属性 戦士族 攻2350 守2300

広告