一時休戦(いちじきゅうせん)/One Day of Peace》

通常魔法(制限カード)
(1):お互いのプレイヤーは、それぞれデッキから1枚ドローする。
次の相手ターン終了時まで、お互いが受ける全てのダメージは0になる。

 PHOTON SHOCKWAVEで登場した通常魔法
 お互いに1枚ドローと、1ターンの間ダメージを0にする効果を持つ。

 ただ発動するだけでは1枚のディスアドバンテージになるが、1ターンを凌ぐ時間稼ぎになる。
 【聖刻】【甲虫装機】などビートダウンバーンが両立できるデッキ相手ならば1ドローさせてでも使う価値はあるだろう。
 特殊な使い方では《便乗》発動トリガーとしても使用できる。
 《バブル・クラッシュ》などと併用しても良いだろう。

 なお、メインフェイズ2発動する事で、相手攻撃に対してのみダメージ0の恩恵を受ける事ができる。
 ただし、自爆特攻コンバットトリックの返り討ちによる戦闘ダメージを防ぎたいならメインフェイズ1発動すると良いだろう。

 【エクゾディア】【終焉のカウントダウン】ロック軸の特殊勝利デッキではターンが応酬するため、ディスアドバンテージは影響しにくく、コンボパーツや戦闘回避用カードドローソースとして活躍できる。
 【フルバーン】においては、「あと一手」が足りなくなる事が多く、時間稼ぎと共にそれを手札に入れるために使える。
 また、手札破壊を得意とする【X−セイバー】では、キーカードをそろえつつ《XX−セイバー ガトムズ》による無限ループを利用したハンデスで、一方的に相手アドバンテージを失わせるといったこともできる。
 【アンデットデッキデス】であれば相手カードを引かせる効果デッキ破壊の一部として使え、 戦闘破壊を防げないことも《ピラミッド・タートル》《キラー・トマト》などによる自爆特攻を安全に行なえる、とデメリット部分も活用することができる。

 【トゥーン】では元々トゥーン攻撃制限がかかるため、このカードを使用したターントゥーンを展開すればデメリットを共有できるので相性が良い。
 また、いち早く引き当てたい《トゥーン・キングダム》を引くためのドローソースとしても活用できる。
 さらに《トゥーン・仮面魔道士》の様な低攻撃力トゥーンサンドバッグにされる危険もある程度軽減でき、その維持にも貢献できる。

  • 原作・アニメにおいて―
    アニメZEXALII(セカンド)の「遊馬vs真月vsギラグ」戦でギラグが使用した罠カード《デス・ハンド》のイラストに描かれている。

関連カード

イラスト関連

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等

FAQ

Q:相手ダメージを与えたターン発動できますか?
A:はい、発動できます。(11/07/21)

Q:1ターンの間に複数枚発動できますか?
A:はい、発動できます。(11/07/21)

Q:自分または相手デッキカードの枚数が0枚の場合に発動できますか?
A:いいえ、発動できません。(12/05/22)

Q:モンスター戦闘破壊されますか?
A:モンスターダメージ計算の結果、破壊される際には通常通りモンスター戦闘破壊される事になります。(17/08/11)

Q:効果処理時《神殿を守る者》特殊召喚され相手ドローできなかった場合、お互いが受けるダメージが0になる効果適用されますか?
A:いいえ、適用されません。(11/07/17)

Q:《アルカナフォースXXI−THE WORLD》効果相手ターンスキップした場合、ダメージが有効になるのはどのタイミングからですか?
A:相手ターンスキップした場合でもターンカウントがなされる為、次の自分ターンからダメージが有効になります。(12/06/14)

Q:このカードの「お互いが受ける全てのダメージは0になる」効果は、プレイヤーが受ける効果ですか?
  (《禁じられた聖槍》等の効果適用されたモンスターによる戦闘ダメージも、0になりますか?)
A:このカード対象を取る効果ではなく、プレイヤーを対象に発動している扱いでもありません。
  従って、《禁じられた聖槍》効果適用されたモンスターによる戦闘ダメージも0となります。(12/05/09)


Tag: 《一時休戦》 魔法 通常魔法

広告