運命(うんめい)のドロー/Draw of Fate》

通常魔法
このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。
(1):自分のLPが相手より少なく、
フィールドの攻撃力が一番高いモンスターが相手フィールドに存在する場合に発動できる。
デッキからカード名が異なるカード3枚を選んで相手に見せ、
その3枚をシャッフルしてデッキの上に戻す。
その後、自分はデッキから1枚ドローする。
このカードの発動後、ターン終了時まで自分は魔法・罠カードをセットできず、
魔法・罠・モンスターの効果を1度しか発動できない。

 20th ANNIVERSARY DUELIST BOXで登場した通常魔法
 デッキからカード名が異なるカード3枚を選んでシャッフルしてデッキトップに戻し、その後ドローする効果を持つ。

 ドローを挟むが、カード名が異なるカード3枚を選び、内1枚をランダムサーチし、残り2枚をデッキトップに置く効果と言える。
 《パワー・ツール・ドラゴン》などと似ているが、こちらはカードの種類に制限がなく、欲しいカード3枚を選べばその内1枚は確実にサーチできる。
 何らかのドローカードと併用すれば選んだその3枚全てを手札に引き込むことも可能。
 発動時点でドローカードが無くても、デッキトップ《闇の誘惑》などの2枚ドローできるカードにすれば、それを使って残り2枚も回収できる。
 このカード発動前は行動の制限が何もないので、できるだけ盤面を整えてから発動したい。

 一方、発動条件発動後の制約が難点である。
 魔法・罠カードセットができないため罠カードを選んだ場合は発動までかなりのタイムラグが生じてしまう。
 また、発動後は効果を1度しか使えないため、このカード使用後にドローカード発動して引き込んだとしても、引き込んだカードはそのターン使用できない。
 発動条件の関係上、先攻ターン目に手札に来るとモンスターの条件を満たすのが難しいため腐りやすいのもネック。
 1ターンのタイムラグがあるが、《D−HERO ダイヤモンドガイ》なら発動条件・制約をどちらも無視して効果発動できる。
 また、3枚を全て通常魔法にしておけば、ドローできなかった残りの2枚の内どちらかを《D−HERO ダイヤモンドガイ》効果で次のターン発動するという使い方も可能。

 【エクゾディア】とは相性が良く、エクゾディアパーツ3種を選べばどのカードを引いても勝利に近づく。
 モンスターを多く採用するデッキでもないので攻撃力に関する発動条件をクリアする事も容易い。
 【エクゾディア】は元々ドローカードを多く採用する傾向にあるので、発動後にそれらを使用すれば選択した3種全てを素早く手札に引き込める。
 残る2種が予め手札にあれば、3種全てを手札に加えた時点で勝利となるため、デメリットも問題にならないのも好相性。
 《成金ゴブリン》《チキンレース》ライフに関する発動条件をクリアする手助けにもなるため二重の意味でシナジーがある。

  • イラストの3体はいずれも遊戯(闇遊戯)が使用したモンスターである。
    確認できる手前の人物の右腕部分も彼が通う学校の制服の色と一致する。

関連カード

イラスト関連

―名前関連

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等


Tag: 《運命のドロー》 魔法 通常魔法

広告