雲魔物(クラウディアン)−キロスタス/Cloudian - Cirrostratus》

効果モンスター
星4/水属性/天使族/攻 900/守   0
このカードは戦闘によっては破壊されない。
このカードが表側守備表示でフィールド上に存在する場合、このカードを破壊する。
このカードの召喚に成功した時、フィールド上に存在する「雲魔物」と名のついた
モンスターの数だけこのカードにフォッグカウンターを置く。
このカードに乗っているフォッグカウンターを2つ取り除く事で、
フィールド上のモンスター1体を破壊する。

 GLADIATOR'S ASSAULTで登場した水属性天使族下級モンスター
 雲魔物の一体であり、雲魔物共通の永続効果誘発効果、自身のフォッグカウンター2個を取り除くことでモンスター1体を破壊する起動効果を持つ。

 魔法・罠カード除去を担当する《雲魔物−アシッド・クラウド》とは対となる。
 自身だけでは他の雲魔物がいない限りフォッグカウンターを1個しか溜められず、除去効果発動することはできない。
 そのため、効果を使うにはあらかじめ雲魔物を出しておくか、他のカードフォッグカウンターを追加する必要がある。

 しかし、全体的に攻撃力の低い【雲魔物】において、モンスター除去ができるこのカードの重要度は高い。
 事前に雲魔物を用意さえしていれば通常召喚するだけで効果を使うことができ、下級モンスターながら実質的にノーコスト除去ができるのは優秀である。
 使い方次第で相手のペースを大きく狂わせることができるので、効果対象は慎重に考えたい。

 そのため、できれば通常召喚は他の雲魔物フィールドに居る状態で行い、召喚直後にフォッグカウンターを2つ以上溜め1度は除去効果を使っておくことを基本としたい。
 雲魔物は豊富な特殊召喚手段や場持ちの良さから、フィールドに残しておくのは容易である。
 その後はフォッグカウンターを継ぎ足すカードと組み合わせて継続的に除去を行うか、エクシーズ素材などに使ってしまうかになるだろう。
 下級雲魔物全般に言えることだが、雲魔物として維持することと他のモンスターに繋げることの双方に利点があるので扱いは熟慮を要する。

  • 元ネタはおそらく巻層雲の英名「Cirrostratus」だろう。
    英語名は実にそのままである。

関連カード

―《雲魔物−キロスタス》の姿が見られるカード

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等


Tag: 《雲魔物−キロスタス》 効果モンスター モンスター 星4 水属性 天使族 攻900 守0 雲魔物

広告