雲魔物(クラウディアン)−ゴースト・フォッグ/Cloudian - Ghost Fog》

効果モンスター
星1/水属性/悪魔族/攻   0/守   0
このカードは特殊召喚できない。
このカードの戦闘によって発生するお互いのプレイヤーへの戦闘ダメージは0になる。
このカードが戦闘によって破壊された場合、このカードを破壊したモンスターの
レベルの数だけフォッグカウンターをフィールド上に表側表示で存在するモンスターに置く。

 GLADIATOR'S ASSAULTで登場した水属性悪魔族下級モンスター
 雲魔物の一体であり、特殊召喚できない召喚制限戦闘ダメージを受けない永続効果破壊された時にフォッグカウンター置く誘発効果を持つ。

 直接アドバンテージに繋がる効果は一切持たないが、戦闘破壊されることで大量のフォッグカウンターを置くことができる。
 さらにフォッグカウンターを置くモンスター自分相手を問わず、後の利用法を考えて自由に選択が可能である。

 戦闘ダメージを受けないため、少ないリスクで自爆特攻から効果発動できる。
 効果戦闘破壊したモンスターに依存するため、受動的に戦闘破壊を待つより相手上級モンスターを狙い積極的に自爆特攻させる場合が多いだろう。
 レベルを参照するためエクシーズモンスターとは致命的に相性が悪いが、下級モンスター狙いでもフォッグカウンター4つを確保できるため、十分使いようはある。
 《雲魔物−キロスタス》フォッグカウンターを乗せられるなら自爆特攻したモンスター破壊してアドバンテージを稼げる。
 壊獣相手モンスターリリースして除去し、このカード自爆特攻で大量のフォッグカウンターを稼ぐのも良い。

 相手モンスターに置いた場合は、《ダイヤモンドダスト・サイクロン》単体除去として使用できる。
 レベルの高いモンスター戦闘破壊されるほどフォッグカウンターが貯まり、除去効果ドロー枚数も増えることになる。
 ただし、自分モンスターに置いた場合と比較するとカウンターを処理されやすく、活用方法も少ない。
 自分モンスターに置く場合、他のフォッグカウンターを使用する雲魔物モンスターのサポートとして使うことになる。
 下級モンスターでは除去ハンデス効果を何度も使用でき、《雲魔物−ニンバスマン》は(置いたモンスターに関わらず)大量の攻撃力を得られる。
 レベル4のアタッカー破壊された場合でも2000、レベル8の最上級モンスター破壊されれば4000という上昇値は凄まじく、劣勢の切り返しとして非常に有効である。

 ただ、一切の特殊召喚ができないために使い回しが困難であり、多くの雲魔物が使用できる《召喚雲》《リミット・リバース》が共有できない点が足を引っ張っている。
 召喚して自身にフォッグカウンターを貯めるモンスターの多い【雲魔物】では、このカード召喚権を使用することで他のモンスターの展開が遅れるという点もデメリットである。
 墓地に落ちた場合は、《サルベージ》で回収したり、《雲魔物−ストーム・ドラゴン》特殊召喚コストにしたりすることで有効活用できる。

関連カード

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等

FAQ

Q:複数のモンスターに振り分けてフォッグカウンターを乗せることはできますか?
A:はい、できます。(07/07/21)


Tag: 《雲魔物−ゴースト・フォッグ》 効果モンスター モンスター 星1 水属性 悪魔族 攻0 守0 雲魔物 特殊召喚不可

広告