雲魔物(クラウディアン)−ポイズン・クラウド/Cloudian - Poison Cloud》

効果モンスター
星3/水属性/悪魔族/攻   0/守1000
フィールド上に表側表示で存在するこのカードが戦闘によって破壊され墓地へ送られた時、
このカードを破壊したモンスターを破壊し相手ライフに800ポイントダメージを与える。

 GLADIATOR'S ASSAULTで登場した水属性悪魔族下級モンスター
 雲魔物の一体で、戦闘破壊され墓地へ送られた時に発動する誘発効果を持つ。

 バーン効果はそこそこの数値だが、引導火力というには程遠く、効果破壊にも対応する《火舞太刀》を使ったほうが無難。
 同種族には、自爆特攻させやすい《ニュードリュア》破壊するカードを選ばない《グレイブ・スクワーマー》も存在している。
 対象を取らないという利点を活かして活躍できなくもないが、同属性・同レベルでほぼ同じ効果を持つ《黄泉へ渡る船》が存在している。
 こちらはバーン効果を持つ代わりにステータスが低く、総合的にはどっこいどっこいと言ったところだろう。

 雲魔物の名をもつためこれで差別化できそうだが、実際は他の雲魔物とのシナジーに欠け、【雲魔物】でも優先させ難い。
 《天空の聖域》《大天使クリスティア》などの恩恵が受けられないのはもちろん、戦闘破壊を前提にしているのでフォッグカウンター絡みの効果全般と相性が悪い。
 雲魔物には他にレベル3のモンスターがおらず、【雲魔物】エクシーズ召喚を軸とする場合にも、採用が見送られやすい。
 せいぜい《召喚雲》《スピリットバリア》が共有できるか自爆特攻から《雲魔物−ストーム・ドラゴン》特殊召喚できる程度で、モンスター除去ならば《雲魔物−キロスタス》や大型モンスターに任せてしまったほうが良い。

 しかし、《魔界発現世行きデスガイド》に対応しており、墓地発動のため無効にされないという固有のメリットがある。
 墓地からも《クレーンクレーン》《バブル・ブリンガー》といった効果無効にして特殊召喚するカードに数多く対応している点で上記のモンスター達との差別化が図れる。
 これらのカードを使用する場合はランク3のエクシーズ召喚が狙え、《雲魔物−ストーム・ドラゴン》除外したものを《虚空海竜リヴァイエール》帰還させるといったコンボも一応可能である。
 《デブリ・ドラゴン》蘇生効果に対応する中では《氷結界の龍 グングニール》シンクロ召喚ができる希少なモンスターである。

  • 原作・アニメにおいて―
    アニメGXにおける「万丈目vsアモン」戦においてアモンが使用。
    ライフポイントの少なくなった万丈目を追い詰めるために、速攻魔法《速攻召喚》によってとして通常召喚された。
    しかし、魔法カード《おジャマ・デルタサンダー!!》の効果により破壊されたため、効果は使用されなかった。
  • アニメでのイラストは違い、特に体がOCGのものよりピンク色に近く、腹回りが千切れており、少し怖い点などが異なっている。
    また効果表側表示である必要はなく、結果的にOCG効果はアニメと同一になった。

関連カード

―《雲魔物−ポイズン・クラウド》の姿が見られるカード

収録パック等

FAQ

Q:この効果対象を取る効果ですか?
A:対象を取る効果ではありません。(09/12/13)

Q:破壊ダメージは同時ですか?
A:同時です。(10/08/13)

Q:裏側守備表示のこのカード戦闘破壊され墓地へ送られた場合、効果発動しますか?
A:はい、発動します。(13/12/12)


Tag: 《雲魔物−ポイズン・クラウド》 効果モンスター モンスター 星3 水属性 悪魔族 攻0 守1000 雲魔物

広告