雲魔物(クラウディアン)羊雲(シープクラウド)/Cloudian - Sheep Cloud》

効果モンスター
星1/水属性/天使族/攻   0/守   0
このカードが戦闘によって破壊され墓地へ送られた時、
自分フィールド上に「雲魔物トークン」(天使族・水・星1・攻/守0)を
2体守備表示で特殊召喚する。
このトークンは「雲魔物」と名のついたカード以外の
生け贄召喚のための生け贄にはできない。

 ※テキスト中の「生け贄」・「生け贄召喚」はそれぞれ「リリース」・「アドバンス召喚」を指す。

 GLADIATOR'S ASSAULTで登場した水属性天使族下級モンスター
 自分フィールド雲魔物トークン2体を特殊召喚する誘発効果を持つ。

 単体での戦闘能力は皆無だが、トークン生成能力により3度までなら相手モンスター攻撃を止める事が可能である。
 生成されるトークン雲魔物と名のついたモンスターであるため、下級雲魔物召喚時に置かれるフォッグカウンターを水増しできる。
 また、アドバンス召喚のためのリリース以外の用途については制限がないため、《フォッグ・コントロール》リリースや、融合素材シンクロ素材リンク素材にも利用できる。
 生成されるトークン共に守備力0であるため貫通効果には弱いが、《天空の聖域》等でカバーする事ができる。
 また、このカード雲魔物トークンのどちらもステータスが低いため、送りつけにも適する。
 特にこのカード送りつけ戦闘破壊すれば戦闘ダメージと2体のトークンを獲得できる。

 雲魔物には同じく雲魔物特殊召喚する《雲魔物−タービュランス》が存在する。
 あちらが特殊召喚するモンスタートークンではなく通常モンスターであるため、エクシーズ召喚《馬の骨の対価》等、幅広い用途に使用できる。
 また特殊召喚効果起動効果であるため、能動的に展開する事ができる。
 しかし通常モンスターを複数枚採用する事になるため、メインデッキを圧迫し、手札事故の危険性も増す。
 一方こちらは、モンスター効果の発動に他のカードを必要としないため、メインデッキを圧迫しない。
 またとして相手ターンを凌ぎ、トークンが残れば次の自分ターンでの切り返しに繋げる事ができる。
 しかし能動的にトークンを生成する事は難しく、受け身になりがちである。
 両者にそれぞれメリットデメリットが存在するため、デッキの戦略やコンセプトに応じて、採用枚数を調整すると良いだろう。

 他の雲魔物同様、《カメンレオン》との相性は良い。
 《カメンレオン》効果蘇生された場合効果無効になるが、このカードの効果は元々墓地発動であるためデメリットはなく、守備表示で出るため戦闘ダメージも回避できる。
 あえてこのカードを各種素材に使用せず、場に残した方が良い場面もあるだろう。

  • 元ネタは、そのままずばり「羊雲」。
    高積雲は、その形状から「羊雲」「まだら雲」などの別名を持っている。

関連カード

戦闘破壊トリガートークンを2体生成する効果

墓地へ送られた場合にトークンを2体生成する効果

破壊された場合にトークンを2体生成する効果

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等


Tag: 《雲魔物−羊雲》 効果モンスター モンスター 星1 水属性 天使族 攻0 守0 雲魔物

広告