影依の原核(シャドールーツ)/Shaddoll Core》

永続罠
(1):このカードは発動後、効果モンスター
(魔法使い族・闇・星9・攻1450/守1950)となり、
モンスターゾーンに特殊召喚する。
この効果で特殊召喚されたこのカードは、
「シャドール」融合モンスターカードに記された属性の融合素材モンスターの代わりにできる。
このカードは罠カードとしても扱う。
(2):このカードが効果で墓地へ送られた場合、
「影依の原核」以外の自分の墓地の「シャドール」魔法・罠カード1枚を対象として発動できる。
そのカードを手札に加える。

 ザ・デュエリスト・アドベントで登場した永続罠
 罠モンスターの1体であり、シャドール融合モンスター融合素材となる際に別の属性融合素材の代用にできる効果カード効果墓地へ送られた場合にシャドール魔法・罠カード1枚をサルベージできる効果を持つ。

 (1)の属性融合素材を代用する効果により、シャドール融合モンスターを使い分けることができる。
 また、効果による代用のため、《DNA移植手術》適用されていても問題ない。
 だが、現時点でシャドール融合モンスター神属性を除く6種類が存在しているものの、無理をしてでも出したいモンスターはいない。
 一応、使い分け可能な上、(2)の効果アドバンテージを稼げるため、状況に応じた融合モンスターを狙うと言う運用になる。

 (2)の効果シャドール魔法・罠カードサルベージする効果
 タイミングを逃すことがなく、罠モンスターとして特殊召喚されている必要もないので、フィールド以外から墓地へ送られてもよい。
 融合素材とするほか、儀式召喚リリース《手札抹殺》などのディスアドバンテージを軽減できる。
 サルベージ対象はデッキの核たる《影依融合》《神の写し身との接触》が基本となるだろう。
 特に《神の写し身との接触》罠カードゆえに発動が遅くなってしまうというこのカードの欠点を補ってくれるため、相性が良い。

 単純にブラフとしても、あるいは《マジカルシルクハット》の対象としても有効。
 ただし、発動条件はあくまで効果墓地へ送られた場合のみであり、戦闘破壊時には発動できない。

関連カード

イラスト関連

―《影依の原核》が見られるカード

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等

FAQ

Q:(2)の効果ダメージステップ発動できますか?
A:はい、できます。(14/04/19)

Q:このカードカードの発動チェーンして相手《No.23 冥界の霊騎士ランスロット》の(3)の効果でこのカードカードの発動無効にした場合、自分はこのカードの(2)の効果発動できますか?
A:発動できます。(16/08/05)


Tag: 《影依の原核》 永続罠 罠モンスター(効果) 星9 闇属性 魔法使い族 攻1450 守1950 シャドール

広告