影王(かげおう)デュークシェード/Duke Shade, the Sinister Shadow Lord》

効果モンスター
星4/闇属性/悪魔族/攻 500/守2000
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できず、
このカードの効果を発動するターン、自分は闇属性モンスターしか特殊召喚できない。
(1):自分フィールドの闇属性モンスターを任意の数だけリリースして発動できる。
このカードを手札から特殊召喚する。
この効果で特殊召喚したこのカードの攻撃力はリリースしたモンスターの数×500アップする。
(2):このカードが召喚・特殊召喚に成功した場合、
自分の墓地のレベル5以上の闇属性モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを手札に加える。

 ストラクチャーデッキR−闇黒の呪縛−で登場した闇属性悪魔族下級モンスター
 効果発動ターン特殊召喚を制限する効果外テキスト自分フィールド闇属性リリースし、特殊召喚自己強化を行う起動効果召喚・特殊召喚に成功した場合にレベル5以上の闇属性サルベージする誘発効果を持つ。

 効果発動ターン闇属性以外が特殊召喚できなくなる誓約が存在するので【闇属性】で採用する事になる。

 (1)の効果は自己特殊召喚自己強化効果であるが、強化に関しては効率が少々悪い。
 4体で上級モンスターラインの2500、5体で最上級モンスターラインの3000となるが、それだけの数が居れば大体の場合リンク召喚などで大型にアクセスできる。
 基本的にはもしくは召喚権を残しつつ(2)の効果を狙うために1体リリース特殊召喚する事になるだろう。
 「非公開情報からの特殊召喚」という起動効果コストリリースする関係上、《闇黒世界−シャドウ・ディストピア−》と併用すれば非常に防ぎにくい手段で相手モンスター1体を除去できる。

 (2)の効果闇属性上級最上級モンスターサルベージできる効果
 ただ、基本的に大型モンスター手札よりも墓地からの展開手段の方が豊富にあり、消費も少なく済ませやすいため、サルベージ対象はよく考えたい。

  • カード名の由来は「デューク(duke)」+「シェード(shade)」だろう。
    つまり名前は影(陰)と位を二回続けたものとなっている。
    王と公爵で位が異なり矛盾しているように見えるが、国王によって領地が国として認められれば爵位でも国を持って半ば独立し、王も名乗ることができた。

関連カード

ウイルスと同じ文字を冠する王は《魔王ディアボロス》を参照

収録パック等


Tag: 《影王デュークシェード》 効果モンスター モンスター 星4 闇属性 悪魔族 攻500 守2000

広告