影光の聖選士(レーシャドール・インカーネーション)/Resh Shaddoll Incarnation》

通常罠
このカード名の(1)(2)の効果は1ターンに1度、いずれか1つしか使用できない。
(1):自分の墓地の「シャドール」モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを表側守備表示または裏側守備表示で特殊召喚する。
(2):自分の墓地からこのカードと「シャドール」カード1枚を除外し、以下の効果から1つを選択して発動できる。
●自分フィールドの裏側表示モンスター1体を選んで表側守備表示にする。
●自分フィールドの表側表示モンスター1体を選んで裏側守備表示にする。

 ストラクチャーデッキ−リバース・オブ・シャドール−で登場した通常罠
 シャドール表側守備表示または裏側守備表示蘇生する効果、自身とシャドール墓地コストモンスター1体の表示形式を変更する効果を持つ。

 (1)はシャドール蘇生効果
 裏側守備表示蘇生すればリバースした場合の効果を使用でき、自分ターンでは表側守備表示蘇生してリンク素材などにできる。
 融合モンスター蘇生させてアタッカーとする場合は相手エンドフェイズ蘇生すればよい。
 《神の写し身との接触》と合わせて相手ターン融合召喚を行う選択肢もある。
 シャドール融合モンスターは全てシャドール魔法・罠カードサルベージする事ができ、このカードと組み合わせる事で繰り返し蘇生する事ができる。
 特に、自分のターンで《エルシャドール・ミドラーシュ》を各種素材やコストに使って特殊召喚回数の制限を外した後、相手ターンに蘇生する、というのが分かりやすい使い方か。

 (2)は自分モンスター1体の表示形式を変更する効果
 攻撃表示から守備表示にする事で戦闘ダメージを回避したり、リバースした場合の効果発動補助・再利用といった動きができる。
 モンスター除外して《影依の巫女 エリアル》効果に繋げられればなお良いだろう。

 (1)と同一ターンでの使用はできないが、自分ターン裏側守備表示蘇生相手ターンリバースという動きを狙える。

関連カード

イラスト関連

収録パック等


Tag: 《影光の聖選士》 通常罠 シャドール

広告