永遠(えいえん)淑女(しゅくじょ) ベアトリーチェ/Beatrice, Lady of the Eternal》

エクシーズ・効果モンスター
ランク6/光属性/天使族/攻2500/守2800
レベル6モンスター×2
このカードは手札の「彼岸」モンスター1体を墓地へ送り、
自分フィールドの「ダンテ」モンスターの上に重ねてX召喚する事もできる。
この方法で特殊召喚したターン、このカードの(1)の効果は発動できない。
(1):1ターンに1度、このカードのX素材を1つ取り除いて発動できる。
デッキからカード1枚を選んで墓地へ送る。
この効果は相手ターンでも発動できる。
(2):このカードが相手によって破壊され墓地へ送られた場合に発動できる。
エクストラデッキから「彼岸」モンスター1体を召喚条件を無視して特殊召喚する。

 Vジャンプ(2015年11月号) 付属カードで登場した光属性天使族エクシーズモンスター
 ダンテの上に重ねてエクシーズ召喚できる効果外テキストデッキからカード1枚を墓地へ送る誘発即時効果相手によって破壊され墓地へ送られた場合にエクストラデッキから彼岸モンスター1体を召喚条件を無視して特殊召喚する誘発効果を持つ。

 エクシーズ素材2体で縛りもなく、レベル6軸のデッキであればエクシーズ召喚は容易。
 手札彼岸コストダンテに重ねてエクシーズ召喚することもでき、【彼岸】では専らこちらの方法で出す事になる。
 ダンテ《彼岸の巡礼者 ダンテ》《彼岸の旅人 ダンテ》の2体が存在するが、前者は重い融合モンスターであるため《彼岸の旅人 ダンテ》に重ねるのが基本になる。
 手札コスト彼岸モンスターを必要とするが、彼岸墓地へ送られた場合の効果発動できるため、ディスアドバンテージになりにくい。

 (1)の効果ランク6版の《ラヴァルバル・チェイン》と言うべきものだが、フリーチェーンである点が大きく異なる。
 起動効果である《ラヴァルバル・チェイン》と異なり《奈落の落とし穴》などを受けても墓地肥やしの仕事を遂行できる上、相手ターンでも効果が使えるため2度の墓地肥やしが行いやすい。
 この効果汎用性の高さから、墓地肥やし役として多くのランクデッキで使用されているカードである。

 (2)の効果は、相手によって破壊された場合にエクストラデッキから彼岸召喚条件を無視して特殊召喚する効果
 彼岸であれば種類を問わないため、正規の方法での特殊召喚が難しい《彼岸の巡礼者 ダンテ》特殊召喚することになるだろう。
 また、破壊の場所がフィールドに限定されていないため、エクシーズ召喚無効にされても発動でき、「場合」の任意効果であるためタイミングを逃さない
 しかし、相手依存であり、破壊以外の除去では発動できない点には注意が必要である。
 【彼岸】以外のデッキに搭載する場合は、無理にこちらの効果を狙う必要はない。

 【彼岸】では(1)の効果《彼岸の悪鬼 ファーファレル》墓地に送り、フリーチェーン除外要員として運用される。
 相手としては早めにこのカード除去する必要があるが、(2)の効果の存在もあり一筋縄ではいかないだろう。
 このカードエクシーズ召喚を最優先し、途切れることなく後続を召喚していくことが【彼岸】の基本戦術となっている。
 なおこのカード彼岸の名を持たないため彼岸下級モンスター自壊させてしまうが、《魔界発現世行きデスガイド》経由の《彼岸の旅人 ダンテ》などは問題なく立てられるため、あまり問題にならない。

  • 「ベアトリーチェ」とは、中世イタリアの叙事詩「神曲」の主人公のダンテの幼少期からの想い人である。
    しかし、若くして別の貴族に嫁いだことで離れ離れとなり、その後は政変に巻き込まれて死亡する。
    実在の女性ベアトリーチェ・ポルティナーリがモデルとされており、「神曲」では「永遠の淑女」として象徴化されている。

関連カード

―《永遠の淑女 ベアトリーチェ》の姿が見られるカード

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等


Tag: 《永遠の淑女 ベアトリーチェ》 モンスター エクシーズモンスター 効果モンスター ランク6 光属性 天使族 攻2500 守2800

広告