疫病狼(えきびょうおおかみ)/Plague Wolf》

効果モンスター
星3/闇属性/アンデット族/攻1000/守1000
(1):1ターンに1度、自分メインフェイズに発動できる。
このカードの攻撃力はターン終了時まで元々の攻撃力の倍になる。
(2):このカードの(1)の効果を発動した場合、エンドフェイズに発動する。
このカードを破壊する。 

 ストラクチャーデッキ−暗闇の呪縛−で登場した闇属性アンデット族下級モンスター
 攻撃力を倍加する起動効果、倍加したターンエンドフェイズ自壊する誘発効果を持つ。

 攻撃力2000のアタッカーには同じ種族《ゾンビーノ》を始めデメリットの無いモンスター達が存在するので、《奈落の落とし穴》などをすり抜けられる点を除けばそれらに劣る。
 よってこのカードを採用するなら、種族属性の両方で差別化を図っていくことになるだろう。
 闇属性なので効果を使った後は《魔のデッキ破壊ウイルス》コストにでき、アンデット族なので蘇生は容易。
 《ゾンビ・マスター》効果蘇生可能かつ単体で高攻撃力を叩きだせる下級アンデット族としてなら、採用を検討できるだろう。
 ただしその場合は、同じくそのターン限りでフィールドを離れる《スカル・コンダクター》もいる。
 上述の通りロックを抜けられる点ではこちらが勝るが、あちらは《悪夢再び》に対応しているという利点がある。

 効果の発動後に、アンデット族と相性の良い《強制転移》コントロール交換してしまうのもいい。
 また元々の攻撃力を変化させる《進化する人類》で、4800の攻撃力を得られる。
 自壊するためディスアドバンテージも大きいが、《スピード・ウォリアー》と異なり特殊召喚時にも利用できる。
 さらには《カラテマン》以上に多くのサポートカードに対応するという点で非常に奇襲性が高く、そのままフィニッシャーとも成り得る。
 もっともこのコンボ自体防がれやすく、安定性の高い《邪神機−獄炎》《巨大化》を装備させる事でも同じ数値が得られる。
 このカードを使うならば、《威圧する魔眼》《リミット・リバース》元々の攻撃力を活かす手段を用いたい。
 また、《シャドウ・ダイバー》《ゾンビ・マスター》とのコンボにより、毎ターン攻撃力2000の状態で直接攻撃することも可能である。

 なお、このカード墓地に送られた後、《ワンハンドレッド・アイ・ドラゴン》コピーさせれば、攻撃力を6000まで上昇させることができる。

  • 第4回カリスマデュエリスト最強決定戦「デュエ・ルアvsアイカワ」においてデュエ・ルアが使用。
    《臆病狼》と言った所為かは不明だが、何故か攻撃しなかった。

関連カード

―《疫病狼》の姿が見られるカード

収録パック等

FAQ

Q:効果分類は何ですか?
A:元々の攻撃力を倍にする効果起動効果エンドフェイズ時に破壊される効果誘発効果です。(13/04/27)

Q:変化した数値を元々の攻撃力として扱いますか?
A:いいえ、テキストでは元々の攻撃力として扱うように見えますが、《カラテマン》と同様に元々の攻撃力として扱いません。(14/04/17)

Q:《巨大化》を装備した《疫病狼》が自身の攻撃力倍化効果を使った場合、どうなりますか?
A:後から発動した効果に上書きされます。他の「元々の数値が2倍(もしくは半分)になる効果」の場合も、同様です。

Q:自身の効果攻撃力が倍になった《疫病狼》が《アンデット・スカル・デーモン》などの効果によってエンドフェイズ時に破壊を免れた場合、《疫病狼》の攻撃力はどうなりますか?
A:元々の攻撃力に戻ります。(13/08/01)


Tag: 《疫病狼》 効果モンスター モンスター 星3 闇属性 アンデット族 攻1000 守1000

広告