怨邪帝(おんじゃてい)ガイウス/Caius the Mega Monarch》

効果モンスター
星8/闇属性/悪魔族/攻2800/守1000
このカードはアドバンス召喚したモンスター1体をリリースしてアドバンス召喚できる。
(1):このカードがアドバンス召喚に成功した場合、
フィールドのカード1枚を対象として発動する。
そのカードを除外し、相手に1000ダメージを与える。
除外したカードが闇属性モンスターカードだった場合、
そのコントローラーの手札・デッキ・EXデッキ・墓地から同名カードを全て除外する。
このカードが闇属性モンスターをリリースしてアドバンス召喚に成功した場合、
その時の効果に以下の効果を加える。
●この効果の対象を2枚にできる。

 ザ・シークレット・オブ・エボリューションで登場した闇属性悪魔族最上級モンスター
 アドバンス召喚されたモンスター1体で召喚できる効果外テキストアドバンス召喚に成功した時に除外バーンを行う誘発効果を持つ。

 《邪帝ガイウス》上位種であり、除外するカードの種類を問わず1000ダメージを与える事ができる。
 しかし、リリースが1体増えたのにも関わらず恩恵が1000ダメージだけではメリットが小さいので、闇属性リリースして除外枚数を2枚に増やす事が必須となる。
 リリース要員としては《始源の帝王》《終焉の焔》《バトルフェーダー》等が挙げられ、これらは既存の【アドバンス召喚】でも使われているので、比較的無理なく狙える。
 【帝王】では、《天帝従騎イデア》《冥帝従騎エイドス》コンボで手軽にリリース要員を揃えられるため、優先的に採用できる。

 さらに闇属性除外した場合には、あらゆる領域から同名カード除外する効果が付く。
 相手の戦力を封じるだけでなく、相手手札デッキエクストラデッキピーピングできる事が大きく、その後の展開を有利に進められる。
 ただし、相手闇属性を使わなければ無意味なため、オマケ程度に考えておくべきだろう。
 一応、相手闇属性モンスター送りつければ能動的に使う事ができ、《トーチ・ゴーレム》《連撃の帝王》ならリリースの確保まで含めたコンボが成立する。

関連カード

リリース1体でアドバンス召喚できる最上級モンスターの一覧

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等

FAQ

Q:フィールドに元々の持ち主相手である同名カードが3体存在している闇属性モンスター対象にして(1)の効果発動できますか?
A:はい、発動して除外してダメージを与える事はできますが、手札デッキ同名カードが存在してない事が明らかなので相手手札デッキ確認する事はできません。(14/11/14)

Q:《幻惑の巻物》を装備し闇属性となっている《轟雷帝ザボルグ》を《怨邪帝ガイウス》の効果除外した場合、相手手札デッキ墓地《轟雷帝ザボルグ》除外できますか?
A:《怨邪帝ガイウス》の効果は、除外された時点で闇属性モンスターではなくなっている場合、『そのコントローラー手札デッキエクストラデッキ墓地から同名カードを全て除外する』効果処理は行えません。(14/11/16)

Q:《ファントム・オブ・カオス》が自身の効果で他のカード名になっている状態の時に、このカード効果除外された場合でも、手札デッキ墓地除外されるのは《ファントム・オブ・カオス》ですか?
A:はい、その場合でも除外されるのは《ファントム・オブ・カオス》です。(14/11/20)

Q:(1)の効果モンスタートークンを選択した場合、ダメージを与える処理は行われますか?
A:いいえ、そのトークンは消滅されますので、ダメージを与える処理は行われません。(14/11/29)

Q:2枚を対象発動した時、片方が除外できませんでした。
  その場合も1000ダメージを与えますか?
A:はい、1000ダメージを与えます。(15/04/20)


Tag: 《怨邪帝ガイウス》 効果モンスター モンスター 星8 闇属性 悪魔族 攻2800 守1000

広告