炎王(えんおう)急襲(きゅうしゅう)/Onslaught of the Fire Kings》

通常魔法
相手フィールド上にモンスターが存在し、
自分フィールド上にモンスターが存在しない場合に発動できる。
デッキから炎属性の獣族・獣戦士族・鳥獣族モンスター1体を特殊召喚する。
この効果で特殊召喚したモンスターの効果は無効化され、
エンドフェイズ時に破壊される。
「炎王の急襲」は1ターンに1枚しか発動できない。

 ストラクチャーデッキ−炎王の急襲−で登場した通常魔法
 特定の条件を満たした場合、炎属性獣族獣戦士族鳥獣族を1ターン限定でリクルートする効果を持つ。

 発動条件《サイバー・ドラゴン》等と同様であり、比較的満たしやすい。
 1ターンの枚数制限も、1枚目でリクルートした時点で後続の発動条件は満たされなくなるので、そこまで気にする必要もないだろう。
 炎王の名を持つため、《炎王獣 バロン》で容易にサーチできる。

 ただし、リクルートしたモンスターには効果無効エンドフェイズ自壊と2つのデメリットが付与される。
 《炎王神獣 ガルドニクス》《ネフティスの鳳凰神》効果無効自壊も全くデメリットにならないため、このいずれかを出すのが基本的な運用となる。
 それらが手札に存在する場合でも、《炎王獣 ヤクシャ》リクルートしてその効果破壊すれば問題ない。
 それ以外のモンスター特殊召喚した場合は、できるだけ各種リリースエクシーズ素材等に使用したい。

 獣族ならば《キャトルミューティレーション》デメリットを回避しつつ2回攻撃が狙える他、自壊しても《森の番人グリーン・バブーン》につなげられる。
 鳥獣族ならば《キャトルミューティレーション》と同様に使える《スワローズ・ネスト》や、自壊前に《ゴッドバードアタック》に活用してしまえば無駄が少ない。
 3つの種族全てを自己再生コストに利用できる《暗黒のマンティコア》リクルートするのも良い。

関連カード

イラスト関連

リクルート可能なモンスター

種族レベルカード名攻撃力守備力備考
獣戦士族《嚇灼の魔神》26002200
《熱血獣王ベアーマン》26002700エクシーズ召喚制限(戦士族炎属性
《暗黒のマンティコア》23001000効果使用
《陽炎獣 スピンクス》19001900
《威炎星−ヒエンシャク》2000800
《機炎星−ゴヨウテ》2000500
《ガルーザス》18001500通常モンスター
《炎熱刀プロミネンス》1800600
《雄炎星−スネイリン》1800600
《ライノタウルス》1800600
《剣闘獣ラクエル》1800400
《微炎星−リュウシシン》1800400
《炎王獣 ガネーシャ》1800200効果使用
《炎王獣 バロン》1800200効果使用
《炎王獣 ヤクシャ》1800200効果使用
《ドラコニアの獣竜騎兵》1800200通常モンスター
《空炎星−サイチョウ》17001400
《殺炎星−ブルキ》17001000
《暗炎星−ユウシ》16001200
《熱血獣士ウルフバーク》16001200
《勇炎星−エンショウ》16001000
《孤炎星−ロシシン》11001400チューナーシンクロ召喚制限(炎属性)・被戦闘破壊時の効果使用
《猛炎星−テンレイ》11002000効果使用
《犬タウルス》1500200
《立炎星−トウケイ》1500100
《炎星師−チョウテン》500200チューナーシンクロ召喚制限(獣戦士族
《捷炎星−セイヴン》2001800効果使用
《英炎星−ホークエイ》2001500効果使用可(相手によって)
《傷炎星−ウルブショウ》01900
《速炎星−タイヒョウ》0200
《名工 虎鉄》500500
《ホルスのしもべ》100100
獣族《ファイヤー・ウイング・ペガサス》22501800通常モンスター
《陽炎獣 サーベラス》2000200効果使用
《ツインヘデッド・ビースト》17001900
《フレムベル・ヘルドッグ》1900200
《グレート・アンガス》1800600通常モンスター
《焔虎》18000効果使用
《火舞太刀》1700600効果使用
《炎王獣 キリン》1000200効果使用
《EMファイア・マフライオ》800800
《リトル・キメラ》600550
鳥獣族《炎王神獣 ガルドニクス》27001700効果使用
《ネフティスの鳳凰神》24001600効果使用
《赤竜の忍者》24001200
《陽炎獣 グリプス》2002100
《陽炎獣 メコレオス》2200300
《火炎鳥》1000800
《マイルド・ターキー》10002000通常モンスター
《炎王獣 ガルドニクス》7001700効果使用可(相手によって)
《ZW−不死鳥弩弓》11000
《紅蓮地帯を飛ぶ鷹》1000チューナー効果使用

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等

FAQ

Q:エンドフェイズ時に破壊される効果チェーンブロックが作られますか?
A:いいえ、作られません。(12/12/08)

Q:墓地発動する効果無効になりますか?
A:墓地発動する効果は、無効になりません。(12/12/08)

Q:破壊する処理は、「カードの効果破壊」される扱いですか?
A:はい、効果破壊される扱いとなります。(12/12/08)

Q:《禁じられた聖槍》破壊を回避できますか?
A:特殊召喚した時点でモンスターはこのカードが持つ効果を受けているため、後から《禁じられた聖槍》効果適用しても破壊を回避する事ができません。(12/12/08)

Q:このカード効果特殊召喚したモンスター《バスター・ショットマン》を装備させそのエンドフェイズ時に《バスター・ショットマン》の身代わり効果破壊されなかった場合、次のターンエンドフェイズ時にこのカード効果特殊召喚したモンスター破壊されますか?
A:はい、破壊されます。(12/12/09)

Q:《炎王の急襲》の発動《神の宣告》などの効果無効にされた場合、同じターンに《炎王の急襲》を発動できますか?
A:はい、発動できます。(12/12/09)

Q:効果解決時自分の場にモンスターがいる場合、特殊召喚は行われますか?
A:はい、行われます。(12/12/10)

Q:効果解決時自分の場にモンスターカードゾーンの空きがない場合は特殊召喚を行いますか?
A:いいえ、効果解決時モンスターカードゾーンに空きがないため、デッキからモンスターを選ぶことも特殊召喚も行わず、モンスターデッキに残ったままとなります。(13/03/17)

Q:このカード効果特殊召喚したモンスターに対して、エンドフェイズ時に相手《強制脱出装置》などを発動できますか?
A:ターンプレイヤー優先権を行使し、先に《炎王の急襲》の処理を行った場合チェーンブロックを作らないため、そのモンスター対象発動することはできません。
しかし、優先権を放棄した場合、相手《強制脱出装置》などをそのモンスター対象発動することができます。(13/04/17)


Tag: 《炎王の急襲》 魔法 通常魔法 炎王

広告