炎王獣(えんおうじゅう) ヤクシャ/Fire King Avatar Yaksha》

効果モンスター
星4/炎属性/獣戦士族/攻1800/守 200
自分フィールド上に表側表示で存在する
「炎王」と名のついたモンスターがカードの効果によって破壊された場合、
このカードを手札から特殊召喚できる。
また、このカードが破壊され墓地へ送られた場合、
自分の手札・フィールド上のカード1枚を選んで破壊できる。
「炎王獣 ヤクシャ」のこの効果は1ターンに1度しか使用できない。

 V JUMP EDITION 8で登場した炎属性獣戦士族下級モンスター
 炎王カードの効果破壊された場合に特殊召喚できる誘発効果、自身が破壊され墓地へ送られた場合に、手札もしくはフィールド上のカード1枚を破壊できる誘発効果を持つ。

 「炎王カードの効果破壊された場合」というそこそこに限られた条件だが、自身を特殊召喚可能。
 破壊するのは自分カードの効果でもよいため、《ブラック・ホール》などを用いることで能動的に効果発動することが可能。
 攻撃力下級モンスターとしては十分あるため、アタッカーとしても使うのもいいだろう。

 自身が破壊され墓地へ送られた時に自分手札フィールド上のカード1枚を破壊する効果は、本来はディスアドバンテージである。
 そのため、破壊された時に発動するカードを組み合わせて使用することとなる。
 手札《炎王神獣 ガルドニクス》《ネフティスの鳳凰神》破壊することで、スタンバイフェイズ蘇生効果発動して除去させることができる。
 それ以外にも《邪神イレイザー》《地縛神 Ccarayhua》《光と闇の竜》を指定すれば全体除去蘇生効果を利用することが可能になる。
 いずれにしても手札腐りやすいモンスターであり、それらを効果発動させつつ処理できるのは魅力的といえる。
 ただし、何度も使用すると消費が響いてくることもあるので注意。
 任意効果のため強制的に手札破壊されることはないので、効果発動するか否かは慎重に見極めよう。

 手札だけでなく自分フィールド上のカード破壊できるので、セットしておいた自分《黄金の邪神像》等を破壊して効果を使用することもできる。
 もちろん、破壊されないでいる《炎王神獣 ガルドニクス》破壊して自己再生に繋げることも可能である。

  • 「薬叉(ヤクシャ)」とは、《夜叉》の別名である。
    《夜叉》は元々インド神話(バラモン教)の鬼神であり、男はヤクシャ、女はヤクシニーと言った。
    原語での呼び方をより忠実に残した呼び方が「薬叉」なのだが、名称としては「夜叉」の方が普及している。
    なお、このカード炎属性であるが、インドにおけるヤクシャは樹木や水の精霊という性質を併せ持つ存在であった。
    このカードは、「鬼」や「地獄の獄卒」といったイメージを加えられていった仏教的世界観における薬叉のイメージに近い。

関連カード

―《炎王獣 ヤクシャ》の姿が見られるカード

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等

FAQ

Q:効果の分類は何ですか?
A:どちらも誘発効果です。(13/05/31)

Q:後半の効果破壊するカード対象にとりますか?
A:いいえ、対象にとりません。(13/01/17)

Q:後半の効果ダメージステップ時に発動できますか?
A:はい、できます。(13/01/11)

Q:相手フィールド上のカード破壊できますか?
A:いいえ、できません。(13/01/11)

Q:下記の状態で発動した後半の効果に対して、《スターダスト・ドラゴン》効果発動できますか?

Q:前半の効果を使用したターン、後半の効果を使用できますか?
A:はい、できます。(13/01/11)

広告