炎虎梁山爆(えんこりょうざんばく)/Five Brothers Explosion》

永続罠
このカードの発動時に、自分は自分フィールド上の
永続魔法・永続罠カードの数×500ライフポイント回復する。
また、フィールド上に表側表示で存在するこのカードが
相手の効果によって墓地へ送られた場合、
自分の墓地の永続魔法・永続罠カードの数×500ポイントダメージを相手ライフに与える。

 EXTRA PACK −SWORD OF KNIGHTS−で登場した永続罠
 永続魔法永続罠を参照するライフゲインバーン効果を持つ。

 前半の効果《非常食》と違いカード消費なく利用ができる。
 また、永続罠のためバウンスによる再利用が可能なので、他の使い捨て回復カードと比べるとあまり見られない利点と言える。

 後半の効果自分墓地永続魔法永続罠を参照するため、状況によっては1ターンキルに匹敵するダメージをたたき出すことも可能。
 このカード自身も永続罠なので、少なくとも500ポイントのダメージは与えられる。
 ただし、そのような状態で相手がわざわざこのカード除去してくることはまずなく、自分効果破壊しても発動条件は満たせない。
 そのため、他の永続魔法永続罠と併用する事で《ハーピィの羽根帚》等を牽制したり、相手除去効果チェーンしてダメージを与える使い方をするといいだろう。
 能動的に発動する場合は、魔法・罠除去強制誘発効果リバース効果を持ったモンスター送りつけるとよい。

 該当するカードルール介入型やロックパーツ、罠モンスターなど多岐に渡り、それらを主軸とするデッキも多く存在する。
 【天変地異コントロール】ならば永続魔法を複数枚フィールドに並べることが多く、《デーモンの宣告》ライフコストも補える。
 【神炎皇ウリア】では《神炎皇ウリア》自己強化の布石が同時にこのカードダメージ量増加につながるので、第2のフィニッシャーとして期待できる。
 【炎星】では無理に投入するカードではないが、手早く永続魔法永続罠墓地へ送る事ができるため、地雷として採用する価値もあるだろう。

  • カード名にある「梁山爆」は、『水滸伝』にて主人公達の拠点であった「梁山泊(りょうざんぱく)」が由来と思われる。
    アニメARC-Vにおいても、これを由来としている梁山泊塾が登場している。
  • イラストに描かれている5体の炎星は、いずれも『水滸伝』の「五虎大将軍」に該当する百八星をモデルとしている。
    「五虎大将軍」は『三国志演義』および『水滸伝』に登場する架空の称号で、『水滸伝』においては梁山泊の軍人の中で最高の位にあたる。

関連カード

イラスト関連

収録パック等

FAQ

Q:ダメージを与える効果チェーンブロックが作られますか?
A:はい、作られます。(13/05/18)


Tag: 《炎虎梁山爆》 永続罠

広告