炎星仙(えんせいせん)−ワシンジン》

リンク・効果モンスター
リンク2/炎属性/獣戦士族/攻1700
【リンクマーカー:左下/右下】
獣戦士族モンスター2体
自分は「炎星仙−ワシンジン」を1ターンに1度しか特殊召喚できず、
その(2)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードがモンスターゾーンに存在する限り、
自分が「炎星」モンスターの効果を発動する場合、
自分の手札・フィールドの「炎星」カード及び「炎舞」カードを墓地へ送らずに発動する事もできる。
(2):自分のフィールド・墓地の「炎舞」魔法・罠カード1枚を対象として発動できる。
そのカードを持ち主の手札に戻す。
その後、デッキから「炎星」モンスター1体を墓地へ送る。

 LINK VRAINS PACK 2で登場した炎属性獣戦士族リンクモンスター
 炎星効果発動する際の炎星炎舞コストを不要にできる永続効果フィールド墓地炎舞手札戻しデッキ炎星1体を墓地へ送る起動効果を持つ。

 リンク素材効果の関係上、【炎星】での採用が基本となる。
 炎星は全て獣戦士族なので、【炎星】の基本的な展開パターンにも容易に組み込む事ができる。
 獣戦士族であること以外にリンク素材縛りはないため、【3軸炎星】【4軸炎星】のどちらでも採用できる他、炎星でない《熱血獣士ウルフバーク》も使用できる。

 (1)は炎星炎舞コストとする炎星効果発動する際にコストを踏み倒せる効果
 《微炎星−リュウシシン》などのコスト重い炎星効果も格段に扱いやすくなる。

 (2)は炎舞1枚をバウンスサルベージしつつ、デッキ炎星1体を墓地へ送る効果
 使用済みの炎舞を再利用してアドバンテージに繋げられる。

 どちらの効果《殺炎星−ブルキ》と相性が良く、(2)で墓地へ送った後に(1)で即座にコスト無しで自己再生させる事が可能。

  • モデルは『水滸伝』の登場人物である、仙人・羅真人だろう。
    薊州の二仙山にある道教の寺の尊師で、百八星の一人である公孫勝の導師としての師。
    カード名は鷲(ワシ)と真人(シンジン)を掛け合わせたものだと思われる。
  • 彼は自分の弟子である公孫勝が梁山泊の仲間に加わることをあまり快く思っておらず、公孫勝が自分のもとに一時的に戻ってきた際には、彼を梁山泊になかなか返さなかった。
    その後、公孫勝を連れ戻しに来た李逵はなかなか公孫勝を返さない羅真人に腹をたて、「彼を殺して公孫勝が梁山泊に帰ってこられるようにしよう」と考える。
    李逵は、夜に羅真人が経を唱えている隙を見て彼の頭を斧でかち割り、彼の死を確かめずにその場から逃げ去る。
    だが羅真人は自らの術を使って死を免れており、その翌日に羅真人を訪ねた李逵は、羅真人がぴんぴんしているのを見ると大いに驚く。
    羅真人はその際、公孫勝を梁山泊に行かせることを許すのだが、李逵が自分を殺そうとしたことはわかっており、自らの術で彼を懲らしめている。
  • このエピソードが由来かは定かではないが、李逵をモデルとする《殺炎星−ブルキ》とは非常に相性が良い。

関連カード

(1)の効果適用できるモンスター

収録パック等


Tag: 《炎星仙−ワシンジン》 モンスター リンクモンスター 効果モンスター リンク2 炎属性 獣戦士族 攻1700 炎星

広告