炎舞(えんぶ)−「開陽(カイヨウ)」/Fire Formation - Kaiyo》

永続罠
このカードを発動したターン、
自分フィールド上の獣戦士族モンスターが
守備表示モンスターを攻撃した時、
その守備力を攻撃力が超えていれば、
その数値だけ相手ライフに戦闘ダメージを与える。
また、このカードがフィールド上に存在する限り、
自分フィールド上の獣戦士族モンスターの攻撃力は300ポイントアップする。

 LORD OF THE TACHYON GALAXYで登場した永続罠
 発動したターンのみの貫通効果全体強化効果を持つ。

 獣戦士族貫通効果を付与できるカードには《激昂のミノタウルス》がいる。
 召喚する必要はあるものの、あちらは《炎舞−「天キ」》サーチ可能であり、他の種族にも対応する。

 こちらは炎舞であることを活かしたいが、基本自分ターンで使いたい貫通効果セットして1ターン待たなければならない。
 相手ターンセットすればこの点は一応解消できる。
 とはいえ、戦闘補助の可能な炎舞には他にも《炎舞−「天セン」》が存在し、貫通付与の目的ではこちらを優先するのは難しい。

 相手ターンの任意なタイミングで発動できる炎舞、すなわち4枚目以降の《炎舞−「天セン」》として採用する事は考えられる。
 《炎舞−「天権」》と異なり、《微炎星−リュウシシン》サーチ無効にしないため次々と炎舞を呼び込む事ができ、各種炎星コストに充てられる。
 上記の通り、相手ターン《微炎星−リュウシシン》セットし、トリガーとなる炎舞が残っている状態ならば600ポイント分の全体強化が乗る事になるため、貫通の恩恵も少なからず受けられる。

 積極的に狙うほどの恩恵はないが、《暗炎星−ユウシ》除去効果を節約しつつ、サーチが可能となるので、メインフェイズ2で他のモンスターを処理したり、《微炎星−リュウシシン》蘇生効果に使う事が可能になる。
 この点は特に、メインフェイズ1の間効果無効にする《炎舞−「天権」》での妨害回避と相性が良い。

  • 「開陽」とは、北斗七星を構成する星の1つであるおおぐま座のζ星「ミザール」の中国での呼び名である。

関連カード

貫通効果を他のカードにも与えるカードについてはこちらを参照。

イラスト関連

収録パック等

FAQ

Q:相手のターンメインフェイズ2、自分のフィールドモンスターが存在しない場合に発動できますか?
A:発動できます。(13/03/18)

Q:ダメージステップ発動できますか?
A:発動できます。(13/02/28)

Q:《炎舞―「開陽」》を発動した後に召喚された獣戦士族モンスターは、このカードによって貫通効果を得ますか?
A:はい、貫通効果を得ます。(13/02/20)

Q:このカード発動して効果適用された後で、このカードフィールドを離れた場合でも、貫通効果適用されたままですか?
A:はい、適用されたままです。(13/02/20)

Q:《禁じられた聖槍》効果によって罠カード効果を受けないモンスターが存在する時に、《炎舞―「開陽」》を発動しました。
  そのモンスターは、このターン貫通効果を得ますか?
A:いいえ、貫通効果は得られません。(17/03/05)

Q:このカードが複数枚存在している場合、貫通効果は重複しますか?
A:いいえ、重複しません。(13/02/20)


Tag: 《炎舞−「開陽」》 永続罠 炎舞

広告