応身(おうじん)機械天使(きかいてんし)

永続魔法
このカード名の(2)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードが魔法&罠ゾーンに存在する限り、
自分の「サイバー・エンジェル」儀式モンスターは戦闘では破壊されない。
(2):戦闘または相手の効果で自分がダメージを受けた時、
自分の手札・フィールドの「サイバー・エンジェル」儀式モンスター1体をリリースして発動できる。
手札から「サイバー・エンジェル」儀式モンスター1体を儀式召喚扱いとして特殊召喚する。

 デュエリストパック−レジェンドデュエリスト編4−で登場した永続魔法
 サイバー・エンジェル儀式モンスター戦闘破壊耐性を付与する効果戦闘ダメージまたは相手からの効果ダメージを受けた時に手札フィールドサイバー・エンジェルリリースする事で、手札からサイバー・エンジェル儀式召喚扱いで特殊召喚できる効果を持つ。

 (1)は戦闘破壊を防ぐ効果
 自爆特攻から(2)の効果につながる他、攻撃力が低いレベル6を守ることもできる。

 (2)は、ダメージを受けた時に手札からサイバー・エンジェル儀式召喚扱いで特殊召喚できる効果
 発動条件が限られサイバー・エンジェルコストリリースする必要があるが、儀式召喚のためのレベル合わせが必要ないのは大きな利点である。
 《サイバー・エンジェル−美朱濡−》の場合、レベル6とレベル4のリリースを1体に抑えられるため、儀式召喚は積極的に狙っていきたい。
 《サイバー・エンジェル−弁天−》リリースすればコストを相殺することもできる。

 自爆特攻を行えば能動的に発動条件を満たす事もできる。
 前述の《サイバー・エンジェル−美朱濡−》ならば多少の戦闘ダメージを受けてでも儀式召喚する価値はあるだろう。
 全体除去を行い、直接攻撃も狙える。
 (1)の効果によりフィールドサイバー・エンジェル戦闘破壊されないので、自爆特攻を行ったサイバー・エンジェル自身をリリースすることも可能である。

  • カード名の「応身」とは仏教用語で「化身」と同じ意味を持ち、仏が様々な形態で現れる時の姿のことを言う。

関連カード

イラスト関連

収録パック等


Tag: 《応身の機械天使》 魔法 永続魔法 機械天使

広告