王の影(ジェネレイド・シャドウ) ロプトル》

効果モンスター
星4/炎属性/天使族/攻1500/守1500
このカード名の(3)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):「王の影 ロプトル」は自分フィールドに1体しか表側表示で存在できない。
(2):自分フィールドの「ジェネレイド」モンスターの攻撃力・守備力は相手ターンの間1000アップする。
(3):自分・相手のメインフェイズに、
自分フィールドの「ジェネレイド」モンスター1体をリリースして発動できる。
そのモンスターとはカード名が異なるレベル9の
「ジェネレイド」モンスター1体をデッキから特殊召喚する。

 ETERNITY CODEで登場した炎属性天使族下級モンスター
 同名カード表側表示で1体しか存在できないルール効果相手ターンの間ジェネレイド全体強化する永続効果ジェネレイドリリースしてレベルジェネレイドリクルートする誘発即時効果を持つ。

 レベルジェネレイドとは異なり、同種族に関する効果は無い。
 ただし(3)の有用性から、特定のジェネレイドとこのカード【レベル9】や各種族デッキ出張採用する事も検討できる。

 (2)は相手ターンでのみ適用されるジェネレイド全体強化
 ジェネレイド全体が戦闘破壊されにくくなり、《虚の王 ウートガルザ》《氷の王 ニードヘッグ》は自身の効果と相まってより高い性能となる。
 このカードから狙われる可能性もあるが、自身も2500と下級モンスターでは破格のステータスとなるのである程度の戦闘には耐えられる。

 (3)はレベルジェネレイドリクルート効果
 コストジェネレイドモンスターリリースであり、このカード自身やジェネレイドトークンを当てることもできる。
 自分ターンの場合は、既にジェネレイドを展開できている場合を除き自身をリリースすることも多いだろう。
 通常召喚からレベルモンスターリクルートを行えるため、【ジェネレイド】含む【レベル9】の初動にも適しており、そこから《星遺物の胎導》の展開へ繋ぐこともできる。
 メインフェイズ限定ではあるものの、フリーチェーンなのでサクリファイス・エスケープへの利用も可能。

 【ジェネレイド】キーカードたる《王の舞台》とは非常に相性が良い。
 このカードコストリクルートした《光の王 マルデル》効果であちらをサーチできるので実質的なアクセス手段にもなる。
 相手ターン適用されていれば、(3)のコストに適するジェネレイドトークンも用意できる。
 《王の舞台》の(1)でこのモンスターリクルートして続けて(3)を発動すれば、このモンスターレベルジェネレイドジェネレイドトークンを並べられる。

 総じて、初動の安定化と手札事故の軽減に加えて戦術の幅を広げる有用なカードであり、【ジェネレイド】ではフル投入した上で優先的にサーチリクルートしたい。

  • ロプトル(loptr)とは北欧神話にて登場するロキの別名である。
    古ノルド語で大きく育ったものを意味する。
  • 炎属性なのは、ロキが、元々は火を神格化した存在と考えられていたためか。
    ロプトル(ロキ)が鍛えたレーヴァテインが「炎の剣」と解釈されることが多いことも掛けていると思われる。

関連カード

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等


Tag: 《王の影 ロプトル》 モンスター 効果モンスター 星4 炎属性 天使族 攻1500 守1500 ジェネレイド

広告