王の報酬(ジェネレイド・リワード)/Generaider Boss Loot》

永続魔法
このカード名の(2)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):自分フィールドにトークンが存在する限り、
相手は「ジェネレイド」効果モンスターを攻撃対象に選択できない。
(2):「ジェネレイド」効果モンスターが戦闘で破壊された場合に発動する。
相手はデッキから1枚ドローする。

 デッキビルドパック ミスティック・ファイターズで登場した永続魔法
 トークンが存在する限りジェネレイド効果モンスター攻撃対象にできなくする効果ジェネレイド効果モンスター戦闘破壊された場合に相手ドローさせる効果を持つ。

 (1)はジェネレイド効果モンスターへの攻撃の抑制。
 ジェネレイドデッキでは主にジェネレイドトークンが条件を満たすのに使われる。
 その他《スケープ・ゴート》等の相手ターントークンを生成するカードが使えればよい。
 《氷の王 ニードヘッグ》制圧効果を持つが、ステータス最上級モンスターとしてはやや低いのでこの効果で守れるのは心強い。
 ただ、効果による除去は無力である上に、守れるのはジェネレイド効果モンスターのみであり、それすらも条件もある、と様々な点で心許なさが目立つ。
 またジェネレイドトークン攻撃表示特殊召喚されるので、そちらに攻撃が集中すると大ダメージを受ける可能性がある。
 攻撃を防ぐ事だけを考えるなら、使い捨てでも攻撃宣言反応の除去罠カード等を使ってアドバンテージを取った方が有益な場合が多い。

 (2)はジェネレイド効果モンスター戦闘破壊された場合にドローさせる効果
 《便乗》等とのコンボはできるが、自爆特攻から発動させてもアドバンテージを稼ぎにくい。
 《王の舞台》リクルート効果ダメージステップ発動できず、(1)の効果が適用されていない相手バトルフェイズに意図せず発生する可能性もあるため、実質デメリットと言える。
 ジェネレイドに限らなければ他にもドローさせる効果を持ちつつより使いやすいカードが多数存在する。

 どちらの効果も使いにくく、有効に活用するなら、ジェネレイド魔法カードである事を活かす必要がある。
 ただ、そもそもジェネレイドはいずれもステータスがそれなりに高く、このカードトークンを使ってまで守るよりは他の防御手段を用いたり、ステータスを底上げするカードを使う方がよい。

  • カード名の「リワード/reward」は「報酬」「褒美」を意味する。
    また、英語名の「loot」は「戦利品」などを意味する。

関連カード

イラスト関連

収録パック等


Tag: 《王の報酬》 魔法 永続魔法 ジェネレイド

広告