黄金の天道虫(ゴールデン・レディバグ)/Golden Ladybug》

効果モンスター
星1/光属性/昆虫族/攻   0/守   0
1ターンに1度、自分のスタンバイフェイズ時に、
手札のこのカードを相手に見せて発動できる。
自分は500ライフポイント回復する。
この効果を使用した場合、エンドフェイズ時まで手札のこのカードを公開する。

 ※エンドフェイズに適用終了となるカードに対するエラッタに伴い、テキスト内の「エンドフェイズ時」は「ターン終了時」と読み替えて使用する。

 LIGHT OF DESTRUCTIONで登場した光属性昆虫族下級モンスター
 手札のこのカード公開する事でライフ回復を行う、他に類を見ない誘発効果を持つ。

 単体では毎ターン微弱なライフを得る程度の働きにしかならない。
 しかし、【キュアバーン】においては安定した回復源になる上魔法&罠カードゾーンを圧迫せず除去されにくく、召喚権も使わない。
 また昆虫族には専用サーチャーである《ゴキポン》が存在するため、容易に手札加えることができる。

 手札破壊、特に指名系カードの格好の的にされてしまうが、基本的に1:1交換は保てるのでさほど問題にならない。
 とはいえ、複数枚手札にあると《マインドクラッシュ》でまとめてハンデスされることになる。
 しかし、手札破壊ピーピングとセットで使ってくる事が多いため、あえてこのカードに照準を定める場合はあまり無い。
 以上の点から、長期戦を前提としたデッキならどんなタイプにでも投入を検討できるだろう。

 ライフコストに苦心する【サイキック族】とも相性抜群である。
 不要になったらシンクロ素材にすればいい上に、レベルが1なので調整役としても使いやすい。
 また、召喚権を使わずにタイムラグ無しで繰り返し回復できる点から、アロマとも相性が良い。

 相互互換《神の恵み》と比べると手札に存在するため除去されにくい点といざとなったらにもできる点で勝る。
 また、デッキによっては魔法&罠カードゾーンを圧迫しないのも利点となるだろう。
 ドローフェイズに引いたターンにすぐ効果を使えるので、セットしてから1ターン待つ必要のある《神の恵み》よりも若干の即効性がある。
 一方、あちらはドロー加速すれば1000以上回復する可能性があるので、回復力では劣る。
 ドローエンジンがない場合、回復量にそれほど差はでないので除去されにくいこちらの方がいいだろう。
 いっそドローエンジンを入れて併用し、《神の恵み》回復量を増やしてこのカードを引く確率を上げるのも手である。

  • イラストを見れば一目瞭然だが、「天道虫」とは「テントウムシ」の事である。
  • コナミのゲーム作品において―
    DUEL TERMINALでは、羽蛾が使用する。
    第9弾からは、専用ボイスも用意された。
    また、このカードをスキャンする事で隠しデッキが出現する。
    内容はインセクター羽蛾をイメージしたものである。

関連カード

−てんとう虫のカード《死の4つ星てんとう虫》を参照。

―《黄金の天道虫》の姿が見られるカード

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等

FAQ

Q:効果の種別は何になりますか?
A:誘発効果になります。(14/04/05)

Q:相手《真実の眼》発動している時にこのカードの効果発動できますか?
A:いいえ、できません。(08/03/15)

Q:手札にて公開状態にあるこのカードが存在する場合、手札ランダムに選択する効果はどう処理しますか?
A:一時的に裏側に戻して処理を行います。(08/05/03)

Q:手札にて公開状態にあるこのカード《カードトレーダー》効果デッキに送り、ドローすることはできますか?
  また、ドローしたカードが《黄金の天道虫》だった場合、もう一度効果を使えますか?
A:はい、できます。
  ドローしたカードが《黄金の天道虫》であった場合、もう一度効果を使えます。(10/05/10)

Q:手札の《黄金の天道虫》の効果発動し、その効果の発動《光と闇の竜》効果無効になった場合、効果発動した《黄金の天道虫》は公開されたままになりますか?
A:はい、その場合も公開されたままになります。(12/06/23)


Tag: 《黄金の天道虫》 モンスター 効果モンスター 星1 光属性 昆虫族 攻0 守0

広告