黄昏(たそがれ)忍者(にんじゃ)−シンゲツ/Twilight Ninja Shingetsu》

効果モンスター
星4/闇属性/戦士族/攻1500/守 100
「黄昏の忍者−シンゲツ」の(2)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードがモンスターゾーンに存在する限り、
相手は他の「忍者」モンスターを攻撃対象にできず、効果の対象にもできない。
(2):このカードが戦闘または相手の効果で破壊され墓地へ送られた場合に発動できる。
デッキから「黄昏の忍者−シンゲツ」以外の「忍者」モンスター1体を手札に加える。

 ブレイカーズ・オブ・シャドウで登場した闇属性戦士族下級モンスター
 他の忍者モンスター攻撃対象効果の対象にならなくする永続効果相手破壊され墓地へ送られた場合に同名カード以外の忍者モンスター1体をサーチできる誘発効果を持つ。

 (1)の効果により他の忍者戦闘効果から守ることができるが、このカード自体のステータスは高くないため真っ先に狙われることとなる。
 もっとも、破壊されても(2)の効果により損失は抑えやすく、他の忍者を一時的でも守れるのはありがたい。
 更にフィールドに2体揃えることで、自身を含む自分忍者全体に耐性を与えつつ相手攻撃ロックできる。
 このカードを1度に2体蘇生できる《黄昏の忍者将軍−ゲツガ》とは相性が良く、その耐性により《黄昏の忍者将軍−ゲツガ》の維持も容易となる。

 (2)の効果忍者サーチできるが、同じサーチャーには《忍者マスター HANZO》がいる。
 あちらは反転召喚特殊召喚時限定であり、同名カードサーチできないため、このカード《忍者マスター HANZO》を優先的にサーチすると良い。

 同じく《忍者マスター HANZO》サーチできるモンスターには《魔装戦士 ドラゴディウス》もいる。
 このカード《渋い忍者》サーチでき自爆特攻でも効果使用できる利点がある。
 一方で墓地へ送る必要があるため、《マクロコスモス》適用下では発動できない。

  • モチーフは「忍者部隊月光」に登場する「新月」か。
    これには月影というキャラクターも登場している。
  • 92話では実体化したソリッドビジョンを利用し、持ち主の月影と共にオベリスク・フォースを撃退している。
    しかしロケットブーストしたセルゲイには月影共々吹き飛ばされてしまった。

関連カード

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等

FAQ

Q:自分フィールドに《黄昏の忍者−シンゲツ》2体が存在します。
この状況で、相手お互いフィールド墓地忍者及び除外されているお互い忍者効果の対象にできますか?
A:《黄昏の忍者−シンゲツ》の(1)の効果は、フィールド上の忍者にのみ適用されます。
したがいまして、相手お互い墓地忍者除外されているお互い忍者効果の対象にする事ができます。(17/03/15)


Tag: 《黄昏の忍者−シンゲツ》 モンスター 効果モンスター 星4 闇属性 戦士族 攻1500 守100 忍者

広告