黄昏(たそがれ)忍者将軍(にんじゃしょうぐん)−ゲツガ/Twilight Ninja Getsuga, the Shogun》

効果モンスター
星8/闇属性/戦士族/攻2000/守3000
このカードは「忍者」モンスター1体をリリースしてアドバンス召喚できる。
「黄昏の忍者将軍−ゲツガ」の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードがフィールドに攻撃表示で存在する場合、
「黄昏の忍者将軍−ゲツガ」以外の自分の墓地の
「忍者」モンスター2体を対象として発動できる。
このカードを守備表示にし、対象のモンスターを特殊召喚する。

 ブレイカーズ・オブ・シャドウで登場した闇属性戦士族最上級モンスター
 アドバンス召喚リリースを軽減する効果外テキスト、自身を攻撃表示から守備表示にして同名カード以外の忍者2体を蘇生する起動効果を持つ。

 レベル8の最上級モンスターだが、忍者1体でアドバンス召喚が可能なので【忍者】ではフィールドに出しやすい。
 自身を特殊召喚できる《機甲忍者アース》を使えば即座にフィールドに出せる。
 手札コスト忍者を使って《ワン・フォー・ワン》レベル忍者リクルートすれば、アドバンス召喚後に即座に2体の忍者蘇生できる。
 《忍者マスター HANZO》特殊召喚すれば、このカードサーチした上でアドバンス召喚のためのリリース要員も同時に用意できる。

 また、攻撃力が2000以下なので、《魔装戦士 ドラゴディウス》サーチ《魔装戦士 ドラゴノックス》蘇生にも対応している。
 後者でセットした後に《フォトン・バタフライ・アサシン》エクシーズ召喚表側攻撃表示にすることで即座に蘇生効果発動できる。
 その際の《フォトン・バタフライ・アサシン》弱体化効果守備表示になるので気にならない。

 レベルに対する攻撃力の低さと自身を守備表示にする関係からアタッカーにはなりづらいが、2体の忍者蘇生させる効果により、ボード・アドバンテージを稼げる。
 蘇生する忍者にはデメリットや制約もなく、表示形式も自由に決められるため、アタッカーエクシーズ素材など用途は幅広い。
 《忍者マスター HANZO》蘇生することで手札を補強でき、《黄昏の忍者−シンゲツ》2体で相手攻撃を遮断できる。

 蘇生した忍者コストに使える《忍法 変化の術》《忍法 超変化の術》《忍法 分身の術》等とは相性が良く、このカード自身も忍者では最も高いレベルを持つためコストとして優秀である。
 自身の効果レベル忍者2体を蘇生し、その後に《忍法 分身の術》でこのカードコストレベル忍者2体をリクルートして《機甲忍者ブレード・ハート》2体をエクシーズ召喚すれば1ターンキル圏内の攻撃力となる。

  • アドバンス召喚時の口上は「由緒正しき風魔一族の真の力を思い知るがよい!《黄昏の忍者将軍−ゲツガ》!」。

関連カード

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等

FAQ

(1)の効果について

Q:効果解決時対象としたモンスターのうち1枚が墓地に存在しない場合、どうなりますか?
A:残り1枚を特殊召喚します。(15/10/17)

Q:効果解決時にこのカードが他の効果によって守備表示となっていた場合、蘇生を行うことはできますか?
A:『このカード守備表示にし』の処理を適用する事ができませんので、蘇生の処理も適用されません。(15/10/17)


Tag: 《黄昏の忍者将軍−ゲツガ》 モンスター 効果モンスター 星8 闇属性 戦士族 攻2000 守3000 忍者

広告