火遁封印式(かとんふういんしき)/Sealing Ceremony of Katon》

永続罠
1ターンに1度、自分の墓地の炎属性モンスター1体をゲームから除外する事で、
相手の墓地のカード1枚を選択してゲームから除外する。

 ORDER OF CHAOSで登場した永続罠
 自分墓地炎属性モンスター1体をコスト相手墓地カード1枚を除外する効果を持つ。

 墓地炎属性モンスターがいる限り、《D.D.クロウ》と同じ効果発動できる。
 【ヴォルカニック・バーン】【ラヴァル】等のデッキにおいては墓地を肥やすのが容易であるため、このカード除去されない限り何ターンにも渡って除外を繰り返すことができる。
 《ヴォルカニック・バレット》手札を確保して、除外したモンスター《D・D・R》帰還させることも可能。
 ただし、【ヴォルカニック・バーン】《炎帝近衛兵》が使い難くなり、【ラヴァル】墓地アドバンテージを重視するため、むやみに使用すると後々墓地を利用する他のカードが使えなくなってしまう。

 《ラヴァル・キャノン》等の帰還戦術を組み込む事で、除外されたモンスターを再利用できるが、【ラヴァル】には除外コストとするカードが他にもある。
 それらと併用する場合は、除外帰還のバランスをきちんと取りたい。
 どちらかと言えば、守備力200ではない炎属性を活用するデッキの方が扱いやすいだろう。

 【不知火】ではフリーチェーン不知火除外しつつ、相手墓地リソースも奪えるため相性が良い。
 除外枚数自体は《魂の解放》、奇襲性では《D.D.クロウ》には劣るものの、牽制機能は高く、相性の良さも手伝ってなかなかに嫌らしい動きができる。

  • 「火遁」とは火や煙を利用した遁術(敵から隠れたり逃げたりする忍術)の事である。
    藁や薪に火をつける、火薬を用いて火矢や火車剣(手裏剣の一種)を飛ばす等が該当する。

関連カード

イラスト関連

収録パック等

FAQ

Q:除外コストですか?
A:コストです。(12/07/20)

Q:対象を取る効果ですか?
A:対象を取る効果です。(12/07/20)


Tag: 《火遁封印式》 永続罠

広告