花札衛(カーディアン)五光(ごこう)−/Flower Cardian Lightflare》

シンクロ・効果モンスター
星10/闇属性/戦士族/攻5000/守   0
チューナー+チューナー以外のモンスター4体
(1):1ターンに1度、相手が魔法・罠カードを発動した時に発動できる。
その発動を無効にし破壊する。
(2):自分の「花札衛」モンスターが相手モンスターと戦闘を行う場合、
バトルフェイズの間だけその相手モンスターの効果は無効化される。
(3):S召喚したこのカードが戦闘で破壊された場合、
または相手の効果でフィールドから離れた場合に発動できる。
エクストラデッキから「花札衛−五光−」以外の「花札衛」Sモンスター1体を特殊召喚する。

 レイジング・テンペストで登場した闇属性戦士族シンクロモンスター
 魔法・罠カード発動無効にする誘発即時効果自分花札衛戦闘を行う場合に相手モンスター効果無効化する永続効果戦闘破壊または相手によってフィールドから離れた場合にエクストラデッキから花札衛特殊召喚する誘発効果を持つ。

 5体のシンクロ素材を必要としており、正規のシンクロ召喚は難しい。
 【花札衛】においては《花合わせ》で4体並べ、その内1体をリリースして花札衛チューナー特殊召喚花札衛モンスター召喚特殊召喚してシンクロ召喚するのが基本になる。
 その他のデッキシンクロ召喚するとなると、方法は限られてくる。
 例えば、《ジャンク・シンクロン》モンスター蘇生させ、《トライワイトゾーン》で3体のモンスターを並べればシンクロ素材を揃える事ができる。
 【ブンボーグ】であれば、《ブンボーグ002》《機械複製術》で展開+サーチした《ブンボーグ003》通常召喚して《ブンボーグ001》リクルート、という方法でシンクロ召喚可能。
 相手ターン《スケープ・ゴート》特殊召喚した羊トークン4体+レベルチューナーもしくは花札衛チューナーを使うという手もある。
 攻撃力は高いので、正規のシンクロ召喚を諦めて《リミットオーバー・ドライブ》などで出すのも手だろう。
 《スターダスト・ウォリアー》自爆特攻させて《シャドー・インパルス》で出せば、《スターダスト・ウォリアー》効果ウォリアーシンクロモンスターも並ぶ。

 (1)は魔法・罠カード1ターンに1度無効にする効果
 攻撃を安全に通すのにも相手の妨害にも使える効果である。
 ただし、モンスター効果除去されてしまうので単体での制圧力はそこまで高くはない。
 このカードを出したターンに決着をつけるか、《ブレイクスルー・スキル》《花札衛−雨四光−》効果などで補いたい。

 (2)は花札衛戦闘を行うモンスター効果無効にする効果
 このカードの高い攻撃力も相まって、戦闘にはとても強い。
 戦闘破壊耐性を持つモンスターや、採用率の高い《SNo.39 希望皇ホープ・ザ・ライトニング》《クリスタルウィング・シンクロ・ドラゴン》などを一方的に破壊できる。
 また花札衛全体に付与されるので、これらを苦手とする《花札衛−雨四光−》の弱点を補える。

 (3)はフィールドから離れた場合に、エクストラデッキから《花札衛−五光−》以外の花札衛シンクロモンスター1体を特殊召喚する効果
 《花札衛−月花見−》《花札衛−猪鹿蝶−》《花札衛−雨四光−》を出すことができるが、基本的には耐性持ちでステータスも高い《花札衛−雨四光−》を出すことになるだろう。
 状況によっては《花札衛−月花見−》召喚して、このカードの再シンクロを狙ってもいい。
 相手依存だがタイミングを逃すこともなく、効果発動を封じる《SNo.39 希望皇ホープ・ザ・ライトニング》は(2)の効果により苦にしないので、発動できる機会は多い。
 元々の攻撃力5000の超大型モンスター攻撃力増強で戦闘破壊されたとしても後続には繋げられるので最低限の働きはしてくれる。

 総じて、無効効果と高い攻撃力を持ち、除去をしても《花札衛−雨四光−》が出てくるので相手からすれば処理に困るモンスターである。
 天敵はメインフェイズエクシーズ素材にする形で処理してくる《No.101 S・H・Ark Knight》《サイバー・ドラゴン・インフィニティ》など。
 フィールド離れるわけではないので(3)の効果発動せず、このカードシンクロ召喚リソースを使い切っていることが多いので直接攻撃を受けやすい。
 これらの対策に守備表示にしておくのもステータスの関係上難しい。

 手間はかかるが、他の花札衛シンクロモンスターと並べられるとより強固な布陣となる。
 《花札衛−猪鹿蝶−》貫通効果を付与すれば高い攻撃力を活かすことができ、《花札衛−雨四光−》は前述の通り両者をフィールドに並べることで互いの弱点を補える。
 ただし、このカードが5体のシンクロ素材を必要とする関係上、原則としてこちらを先に出す必要がある。
 モンスターゾーンを4つ開けることができるため《花合わせ》とも相性が良く、花札衛チューナー特殊召喚して《花札衛−雨四光−》に繋げられれば理想的。
 先に他の花札衛シンクロモンスターを出した場合は、花札衛チューナー効果レベル2のシンクロ素材として墓地へ送った後に蘇生するのが良いか。
 相手依存ではあるが、このカードの(3)の効果《花札衛−雨四光−》などを出した後でこのカード蘇生することで並べることもできる。

  • 「五光」は花札の役の1つであり、五光札を5枚揃えることで成立する。
  • シンクロ召喚時の口上は「その神々しきは聖なる光。今、天と地と水と土と金となりて照らせ。シンクロ召喚!《花札衛−五光−》!」。
    • このカードに限った事ではないが、口上の割に闇属性である。
      だがこのカードの場合は「聖なる光」に加え「」「」まで混じっており非常に紛らわしい。
      ゲーム作品においては複数の属性が混じった末に闇属性光属性になる事が多く、そういった意味では闇属性なのもある意味必然とは言える。
  • アニメではUltraだった。

関連カード

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等

FAQ

(3)の効果について

Q:このカード相手効果エクストラデッキに戻った場合でも発動できますか?
A:はい、発動できます。(16/10/08)


Tag: 《花札衛−五光−》 モンスター シンクロモンスター 効果モンスター 星10 闇属性 戦士族 攻5000 守0 花札衛

広告