華麗(かれい)なるハーピィ・レディ》

通常罠
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):自分フィールドの「ハーピィ・レディ三姉妹」1体を選んで持ち主のデッキに戻す。
その後、元々のカード名が異なる「ハーピィ」モンスター3体を、
自分の手札・デッキ・墓地からそれぞれ1体ずつ選んで特殊召喚できる。
このカードの発動後、ターン終了時まで自分は風属性モンスターしか特殊召喚できない。
(2):フィールドのこのカードが相手の効果または
自分の「ハーピィ」カードの効果で破壊された場合に発動する。
デッキから「ハーピィ」モンスター1体を手札に加える。

 デュエリストパック−レジェンドデュエリスト編4−で登場した通常罠
 《ハーピィ・レディ三姉妹》デッキに戻してハーピィ3体を特殊召喚する効果フィールドの自身が相手またはハーピィ効果破壊された場合にハーピィモンスターサーチする効果を持つ。

 (1)は《ハーピィ・レディ三姉妹》デッキに戻し、デッキ手札墓地からハーピィ1体ずつを特殊召喚する効果
 《ハーピィ・レディ三姉妹》デッキに戻す必要があり、発動にはやや手間が掛かる。
 《ハーピィ・パフューマー》《ヒステリック・サイン》などによるサーチを駆使したいところ。

 特殊召喚できるハーピィに制限はなく、《ハーピィズペット仔竜》を含めれば総攻撃力は大きく上がる。
 また、レベル5以上のハーピィ《ハーピィ・パフューマー》を合わせて出せばあちらの2枚サーチの条件も満たせる。
 《ハーピィズペット竜》《ハーピィ・チャネラー》ならばランクエクシーズモンスターエクシーズ召喚を狙える。

 (2)は相手効果ハーピィ効果破壊された場合のサーチ効果
 ただ、現状のハーピィカードで条件を満たすのは《ハーピィの狩場》《ハーピィ・コンダクター》のみである。
 なお、相手《サイクロン》などにチェーンして発動すればアドバンテージとなる。

  • 原作・アニメにおいて―
    アニメDMの第6話のタイトルが「華麗なるハーピィ・レディ」である。
    《ハーピィ・レディ》を使用するデュエリスト・孔雀舞が見せた最初のデュエル「決闘者の王国編」の「城之内vs孔雀舞」が描かれる回である。

関連カード

収録パック等


Tag: 《華麗なるハーピィ・レディ》 通常罠 ハーピィ

広告