霞の谷(ミスト・バレー)執行者(しっこうしゃ)/Mist Valley Executor》

効果モンスター
星5/風属性/雷族/攻2100/守1600
このカードが召喚に成功した時、
フィールド上に表側表示で存在する
魔法・罠カードを全て持ち主の手札に戻す。

 DUEL TERMINAL −反撃のジャスティス!!−で登場した風属性雷族上級モンスター
 「ミスト・バレー」の1体で、召喚に成功した時、表側表示魔法・罠カード手札バウンスする誘発効果を持つ。

 反転召喚特殊召喚では効果を使えず、バウンスできるのも表側表示魔法・罠カードのみ。
 そのため、ステータス効果ともに《疾風鳥人ジョー》下位互換に近い。
 こちらの利点は《死皇帝の陵墓》風属性以外のモンスターリリースしても効果を発動できる点だが、表側表示しか戻せないのはやはり致命的である。
 ミスト・バレーのサポートも数が少なく、その点での差別化も若干難しい。

 永続カードを多用する場合や【霞の谷】に採用を検討していく事になるだろう。
 《ブラック・ガーデン》の場合はあちらも攻撃力半減を回避できるが、こちらはローズ・トークンリリースできる点で優位。
 他のミスト・バレーも採用すれば、《霞の谷の雷神鬼》シンクロ素材としても利用しやすい。
 【雷族】に採用してもいいだろう。
 ペンデュラムゾーンモンスター回収の目的で使うのも手で、リリースペンデュラム召喚で確保しやすい。

 また、《疾風鳥人ジョー》と同様に《リビングデッドの呼び声》蘇生した《九蛇孔雀》リリースする事でディスアドバンテージを軽減できる。
 この際にサーチサルベージした《ミスト・コンドル》でこのカード手札に戻す事で、次のターン以降も上記のコンボを繰り返し狙いやすくなる。

  • 種族等も含め《霞の谷の雷神鬼》に非常に似ているが、DTマスターガイドによれば別人のようだ。
    ガイドによれば戦士団のNo.2であり、団長の雷神鬼とは逆に谷に吹く風を自在に操り戦士団をサポートするとの事。
    この記述から考えると、他と同様効果は自分のカードを戻す事をデザインされているのだろう。
  • コナミのゲーム作品において―
    DUEL TERMINAL NEXTのアクションデュエルのアドベンチャーモードの「反撃のジャスティス!!」に登場。
    ゴール地点であるA・O・Jの開発現場におり、彼に《A・マインド》を渡すのがこのクエストの目的である。
    外見からは想像しがたいが、A・O・Jの技術者なのだろうか?
  • 海外版では実物が登場するまで、英語名が《Executioner of Mist Valley》だった。
    「Executioner」は「死刑執行人」という意味であるため、変更は当然だろう。
    ただ、TCGの「Executor」は元々「執行者」という意味であり、「Executioner」は主に「死刑執行人」を指すため、何故最初にそちらが使われたか不明。

関連カード

収録パック等


Tag: 《霞の谷の執行者》 効果モンスター モンスター 星5 風属性 雷族 攻2100 守1600 ミスト・バレー

広告