壊獣捕獲大作戦(かいじゅうほかくだいさくせん)/Kaiju Capture Mission》

永続罠
「壊獣捕獲大作戦」の(2)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):1ターンに1度、フィールドの「壊獣」モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを裏側守備表示にする。
その後、このカードに壊獣カウンターを1つ置く(最大3つまで)。
(2):このカードが相手の効果で破壊され墓地へ送られた場合に発動できる。
自分はデッキから2枚ドローする。

 EXTRA PACK 2016で登場した永続罠
 壊獣裏側守備表示にして壊獣カウンター置く効果破壊され墓地へ送られた場合に2枚ドローする効果を持つ。

 (1)の効果により、壊獣セット状態に変えつつ、壊獣カウンターを1つ稼ぐことができる。
 言わば壊獣限定の使い減りしない《月の書》であり、以下のように多彩な使い方が可能。

  1. 相手モンスターリリースして送りつけ壊獣裏側表示にする事で、さらにもう1体相手モンスターリリースして壊獣送りつける。
    壊獣は一方のプレイヤーフィールドには1体しか表側表示存在できないが、裏側表示壊獣が存在するフィールド壊獣特殊召喚する事には制限がないためである。
    仮に送りつけ壊獣を処理できなくても、相手表側表示壊獣が残っている限りもう一方を反転召喚することはできないため、複数の壊獣が襲ってくるリスクはない。
  2. 送りつけた高攻撃力壊獣裏側守備表示にすることで、《海亀壊獣ガメシエル》攻撃力の低い壊獣での戦闘破壊を可能とする。
  3. 送りつけ壊獣攻撃してきた時に裏側守備表示にし、攻撃を防ぐ。
  4. 攻撃表示《海亀壊獣ガメシエル》攻撃対象になった場合に守備表示にし、守備力3000で攻撃に耐える。
  5. 自分《壊星壊獣ジズキエル》対象発動無効にすることで、《壊星壊獣ジズキエル》の(4)の効果フリーチェーン単体除去として扱う。
  6. 表側表示モンスター攻撃表示モンスター限定の除去から壊獣を守る。
  7. 特に裏側守備表示にする必要がない壊獣裏側表示にし、単に壊獣カウンターを稼ぐ手段として扱う。
    壊獣への除去チェーンする、相手ターンを生き延びた壊獣エンドフェイズ裏側表示にし、次のターン反転召喚する等。

 (2)は相手によって破壊され墓地へ送られた場合にドローできる効果
 相手限定だが破壊される場所を選ばず《強欲な壺》と同じ枚数ドローができる。
 ブラフとして破壊を待っても良く、既に表側表示になっている状態でも相手《ハーピィの羽根帚》等の全体除去を躊躇させることができる。

  • 日本語名は英語名の「Mission」を「大作戦」と訳している。
    どことなく、昭和の特撮の臭いがするネーミングである。
    ただの作戦ではなく大作戦と訳した理由としては以下の2作品が由来か。
    • 円谷プロダクションが作成した特撮テレビドラマ『怪奇大作戦』。
    • 『怪獣総進撃』(1968年)が1972年に再上映された際のタイトル『ゴジラ電撃大作戦』。

関連カード

イラスト関連

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等


Tag: 《壊獣捕獲大作戦》 永続罠 壊獣

広告