壊星壊獣(かいせいかいじゅう)ジズキエル/Jizukiru, the Star Destroying Kaiju》

効果モンスター
星10/光属性/機械族/攻3300/守2600
(1):このカードは相手フィールドのモンスター1体をリリースし、
手札から相手フィールドに攻撃表示で特殊召喚できる。
(2):相手フィールドに「壊獣」モンスターが存在する場合、
このカードは手札から攻撃表示で特殊召喚できる。
(3):「壊獣」モンスターは自分フィールドに1体しか表側表示で存在できない。
(4):カード1枚のみを対象とする魔法・罠・モンスターの効果が発動した時、
自分・相手フィールドの壊獣カウンターを3つ取り除いて発動できる。
その効果を無効にし、フィールドのカード1枚を選んで破壊できる。

 EXTRA PACK 2016で登場した光属性機械族最上級モンスター
 壊獣共通の3つの効果壊獣カウンターを3つ取り除いてカード1枚のみを対象とする効果無効にしてカード1枚を破壊できる誘発即時効果を持つ。

 壊獣共通の効果については壊獣を参照。

 固有効果効果無効にする能力。
 《海亀壊獣ガメシエル》に比べて、1枚を対象にするカードしか無効にできず範囲が狭い上、必要とする壊獣カウンターの個数も多い。
 代わりに、ステータスが非常に高く戦闘破壊されにくいのが長所で、必要な壊獣カウンターさえあれば除去されることは少ないと言える。
 あちらと違い、無効にしたカード除外しないので、《KYOUTOUウォーターフロント》壊獣カウンターを貯めるトリガーとなるのもメリット
 無効にするカード破壊するカードは別でも良いので、例えば通常魔法通常罠等を無効にし、別のカード破壊すれば、壊獣カウンターを2個貯められる。
 破壊するカード効果解決時に選ぶため、対象を取らない除去である点も扱いやすい。

 カード1枚を対象に取るカードであればフィールド外の対象でも良いため、蘇生帰還サルベージカード無効にできる。
 また、対象をとる自分カード無効にし、相手カード破壊すれば単体除去効果として機能する。
 《壊獣の出現記録》《壊獣捕獲大作戦》ならば使い減りせず毎ターン対象をとる効果発動でき、特に後者は相手ターンフリーチェーン除去としての運用が可能となる。

 【壊獣】以外では、高いステータスを持つ光属性機械族送りつけられる点を活かし、《光霊使いライナ》《エレクトリック・ワーム》《轟雷帝ザボルグ》A・O・J等とコンボする手もある。
 壊獣の中では素のステータスが一番高いだけでなく、《光霊使いライナ》と間接的に相性の良い《シャイニング・アブソーブ》を使ってからコントロール奪取すれば、このカード攻撃力に加え更にダメージを上乗せできる。
 これらの使い方の場合、攻撃力属性が共通する《雷撃壊獣サンダー・ザ・キング》が存在するが、こちらは機械族なので《サイバー・リペア・プラント》にも対応するため、サーチしやすいのが利点。

 他にも《臨時ダイヤ》の2つの効果にも対応しているため、【列車】に採用するのも面白い。
 相手フィールドに立たせた場合は処理が少々面倒にはなるが、壊獣カウンターがなければ耐性を発揮できず、《No.77 ザ・セブン・シンズ》戦闘破壊も可能なのでそこまで問題にならない。
 《マシンナーズ・フォートレス》《転回操車》手札コストにも使用できるので、直接墓地へ送ること自体は難しくない。

  • モチーフは、東宝ゴジラシリーズに登場するガイガンなどに代表される、宇宙人による侵略用ロボット怪獣か。
    頭部の赤い発光部位はガイガンに似ていると言えなくはない。
    ただ、ガイガンは『ゴジラ FINAL WARS』の冒頭で「邪悪な血が流れている」と言われており、光属性である点は不自然である。
    • 上記の記述ですら推測を含むものであり、壊獣の中でこれだけ明確なモチーフが特定できていない。

関連カード

イラスト関連

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等


Tag: 《壊星壊獣ジズキエル》 モンスター 効果モンスター 星10 光属性 機械族 攻3300 守2600 壊獣

広告