怪粉壊獣(かいふんかいじゅう)ガダーラ/Gadarla, the Mystery Dust Kaiju》

効果モンスター
星8/風属性/昆虫族/攻2700/守1600
(1):このカードは相手フィールドのモンスター1体をリリースし、
手札から相手フィールドに攻撃表示で特殊召喚できる。
(2):相手フィールドに「壊獣」モンスターが存在する場合、
このカードは手札から攻撃表示で特殊召喚できる。
(3):「壊獣」モンスターは自分フィールドに1体しか表側表示で存在できない。
(4):1ターンに1度、自分・相手フィールドの壊獣カウンターを3つ取り除いて発動できる。
このカード以外のフィールドのモンスターの攻撃力・守備力を半分にする。
この効果は相手ターンでも発動できる。

 EXTRA PACK 2016で登場した風属性昆虫族最上級モンスター
 壊獣共通の3つの効果壊獣カウンターを3つ取り除いて自身以外のフィールドモンスター攻撃力守備力を半分にする誘発即時効果を持つ。

 壊獣共通の効果については壊獣を参照。

 固有効果は他のモンスター全体弱体化
 自身のステータスは変化しないので、単体で5400未満のステータスモンスター戦闘破壊できる。
 ステータスの変化は永続的であるため、ターンを跨いで重ねがけすれば更なるダウンも可能になる。
 しかし必要な壊獣カウンターの個数が3つと多く、効果に対する耐性はないため、複数ターン維持して効果を使うのは難しい。
 半減効果を使い、特殊召喚したターン戦闘破壊するだけでは他の壊獣よりも優先させるのは難しい。

 相手フィールド送りつけ壊獣としても、効果フリーチェーンであるために戦闘破壊しにくく、扱いにくい。
 カードの効果除去しようとしても、チェーンして効果を使われると壊獣カウンターを浪費させられてしまう。
 フィールド壊獣カウンターがない時ならば安全だが、その場合はより攻撃力が低い《海亀壊獣ガメシエル》などで十分である。

 【壊獣】以外では、高いステータスを持つ風属性送りつけられる点から《風霊使いウィン》コンボするのも良い。
 壊獣カウンターを使う効果除去ではないため問題がなく、《憑依装着−ウィン》にすれば下がったステータスもリセットできる。
 昆虫族サポートの中では《大樹海》と相性が良く、相手フィールド破壊されても自分墓地に送られるためサーチできるのは自分であり、同レベル《デビルドーザー》サーチ後にその召喚コストとして利用できる。

  • 蛾の怪獣と言えば東宝映画に登場する「モスラ」が有名である。
    しかし、温厚な善玉怪獣であるモスラと比べ、このモンスターはかなり凶悪な面構えである。
    脚の長さや頭部の角も考慮すると、1992年の映画『ゴジラvsモスラ』に登場したモスラの亜種であるバトラ(バトルモスラの略)がモチーフと思われる。
    カード名の「怪粉」は、モスラが作中で度々使用している鱗粉攻撃を意識したものであろう。
  • なお、1997年公開の映画『モスラ2 海底の大決戦』ではこのカードと名前の似た「ダガーラ」という怪獣が登場している。
    あちらは半魚獣型の怪獣であり、《怒炎壊獣ドゴラン》と同様に偶然似た名前が付けられたものと思われる。

関連カード

イラスト関連

―《怪粉壊獣ガダーラ》の姿が見られるカード

収録パック等


Tag: 《怪粉壊獣ガダーラ》 モンスター 効果モンスター 星8 風属性 昆虫族 攻2700 守1600 壊獣

広告