(うみ)/Umi》

フィールド魔法
フィールド上に表側表示で存在する魚族・海竜族・雷族・水族モンスターの
攻撃力・守備力は200ポイントアップする。
フィールド上に表側表示で存在する機械族・炎族モンスターの
攻撃力・守備力は200ポイントダウンする。

 STARTER BOXで登場したフィールド魔法
 特定の4種族モンスター強化し、2種族モンスター弱体化させる効果を持つ。

 最初期に登場した6つのフィールド魔法の1つだが、関連する効果を持ったカードが多数存在するため、現在でも使用する意義がある。
 しかし、そのためか「カード名を《海》として扱うカード」・「フィールドを《海》にするカード」が何種類か存在している。
 使用する場合は、これらとの違いを意識していく必要がある。

 《海神の巫女》《忘却の海底神殿》に関しては、カードの種類自体が異なる。
 それぞれ一長一短であるため、他のカードとの兼ね合いで取捨選択、あるいは併用すれば良い。
 《海神の巫女》は「フィールドを《海》にする」扱いなので、《海竜−ダイダロス》等で墓地へ送る事ができないという違いもある。

 問題は、同じフィールド魔法である《伝説の都 アトランティス》《忘却の都 レミューリア》だろう。
 魚族海竜族水族の多くは水属性であり、雷族を除けば恩恵を受けるモンスターはほぼ同じである。
 《虚空海竜リヴァイエール》下級アタッカー攻撃に耐えられるようになる利点はあるが、そのために採用するのは心もとない。
 《伝説の都 アトランティス》レベルを下げる効果アドバンス召喚のサポートとなり、《忘却の都 レミューリア》レベルを上げる効果シンクロ召喚エクシーズ召喚の幅を広げるために使える。
 前者は常にレベルを下げるため場合によってはシンクロ召喚エクシーズ召喚の邪魔になる事があるが、後者はレベルを変更するタイミングが自由なのでそうした事にはならない。
 このため、特に《忘却の都 レミューリア》に比べるとサポートカードとしては一段劣る。
 水属性が少ない魚族海竜族水族がメインで、かつ《海》扱いのカードを必要とするデッキがあれば採用を検討するといったところだろうか。

 弱体化は、2種族に対して200だけであるために活きる機会はかなり限られるが、その2種族をメインにしたデッキではなくとも、《A・O・J カタストル》《発条機雷ゼンマイン》など、エクストラデッキモンスターには機械族が入っている可能性があるため、適用する機会が全くないということはない。
 利点としては《A・O・J カタストル》《No.50 ブラック・コーン号》除去できるなどの細かい点や、【ラヴァル】などに若干刺さることなどがある。
 逆に、《クイック・シンクロン》《幻獣機オライオン》などのモンスター《機械複製術》に対応する様になってしまう点には注意。
 これらチューナーを採用するデッキには、モンスター大量展開のギミックとして元々《機械複製術》が入っている可能性があるため利用されてしまう場合もある。

  • 海を意味する英単語が「Sea」であるのは誰もが知るところだが、何故か英語名はローマ字表記になっている。
    関連カードが後に多く登場しており、初期のカードの中でもその迷走ぶりが特に目立っている。
  • 漫画GX54話でも、同名のカードが登場した。
    ただし、これは十代、明日香、翔、三沢、万丈目がアメリカチームとの対戦場を選ぶための「くじ」であり、このカードとは関係無い。

関連カード

―《海》関連

―ルール上《海》として扱うカード

フィールド上で《海》として扱うカード

フレイバー・テキスト関連

―第1期フィールド魔法関連

収録パック等


Tag: 《海》 魔法 フィールド魔法

広告