海晶乙女(マリンセス)クリスタルハート/Marincess Crystal Heart》

リンク・効果モンスター
リンク2/水属性/サイバース族/攻   0
【リンクマーカー:左下/右下】
水属性モンスター2体
(1):このカードがEXモンスターゾーンに存在する限り、
このカードは相手モンスターの効果を受けない。
(2):このカードが相手モンスターと戦闘を行うダメージステップの間、
その相手モンスターは自身以外のカードの効果を受けない。
(3):このカードまたはこのカードのリンク先の
自分の「マリンセス」リンクモンスターが攻撃対象に選択された時、
手札から「マリンセス」モンスター1体を墓地へ送って発動できる。
その自分のモンスターはその戦闘では破壊されず、
その戦闘で発生する自分への戦闘ダメージは0になる。

 CHAOS IMPACTで登場した水属性サイバース族リンクモンスター
 エクストラモンスターゾーンに存在する間相手モンスター効果を受けない永続効果戦闘を行う相手モンスター耐性を付与する永続効果戦闘破壊耐性を付与し、戦闘ダメージを0にする誘発効果を持つ。

 (1)はエクストラモンスターゾーンに存在する場合の耐性
 魔法・罠除去には弱いが、モンスター効果が主流の環境では心強い耐性となる。

 (2)は自身と戦闘を行う相手モンスター耐性を与える効果
 他のカードの効果強化耐性を得ているモンスターには有用だが自身が攻撃力0であるため、あまり意味がない。
 このカード《月鏡の盾》を装備させ、アタッカーにした場合などなら意味は出てくる。

 (3)は自身または自身のリンク先戦闘破壊耐性を与え、戦闘ダメージを0にする効果
 攻撃力は0だがとしての性能を発揮してくれる。
 《サルベージ》手札コストを稼げれば時間稼ぎとしては十分役立つだろう。

 (1)の効果除去無効化を防ぎ、(3)の効果戦闘破壊を防げるので対モンスター性能は高い。
 ただ、壊獣等のリリースもあり、耐性手札が続く限りなので何ターンも防げるようなものではない。
 同じマリンセスリンクモンスターにはアドバンテージのとれる《海晶乙女コーラルアネモネ》も存在し、あちらはすぐにリンク3に繋げられる。
 このカード固有の利点は《海晶乙女の闘海》下でリンク素材としたモンスターに強固な耐性を与えられることである。
 《海晶乙女の闘海》《海晶乙女シーエンジェル》サーチできるので耐性を持ったモンスター制圧を狙う場合はこちらのリンク召喚を狙うといいだろう。

  • デザインは他の多くのマリンセスと異なり、クリスタルでできたハート状の物体に水の精霊がまとわりついたかのような姿をしている。
    このカードは後述の《Gゴーレム・クリスタルハート》をベースにしているので、他のマリンセスとは趣が異なるのだろう。
  • 作中にて、このカードはアースの使用していた《Gゴーレム・クリスタルハート》から変化したカードであると言及されている。
    (《Gゴーレム・クリスタルハート》はアース⇒GO鬼塚⇒Playmaker&Aiと所有権が移った上で第82話にてAiからアクアに手渡されている。)
    そのため、このカードにはアースの力も宿っており、ボーマンはアクアを吸収した際に地属性のアースの力も手に入れている。
    • なお、元々《Gゴーレム・クリスタルハート》はアクアがアースに贈ったクリスタルハートをベースに作られている。
      つまり、本来の持ち主に返却された上で新たに書き換えられた珍しい例である。
    • 《Gゴーレム・クリスタルハート》はクリスタルでできたハートといったデザインのカードであり、このモンスターのものとは細部が異なるものの共通点となっている。
      また、《Gゴーレム・クリスタルハート》も「アースvs鬼塚豪/Go鬼塚」戦でGo鬼塚の《ダイナレスラー・ギガ・スピノサバット》戦闘破壊されて敗北しているなど、デュエル中の結末も類似している。
    • 上述のように《Gゴーレム・クリスタルハート》ともども作中ではキーカードとして扱われているのだが、アース、Go鬼塚、ブルーメイデンの3名で合わせて4度デュエルに使用されているものの、いずれも使用者が敗北しており勝ち星に恵まれないカードでもある。

関連カード

収録パック等


Tag: 《海晶乙女クリスタルハート》 モンスター リンクモンスター 効果モンスター リンク2 水属性 サイバース族 攻0 マリンセス

広告