海晶乙女(マリンセス)グレート・バブル・リーフ》

リンク・効果モンスター
リンク4/水属性/サイバース族/攻2600
【リンクマーカー:左/右/左下/下】
水属性モンスター2体以上
このカード名の(3)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):お互いのスタンバイフェイズに、
自分の墓地及び自分フィールドの表側表示モンスターの中から、
水属性モンスター1体を除外して発動できる。
自分はデッキから1枚ドローする。
(2):モンスターが除外される度に発動する。
このカードの攻撃力はターン終了時までその除外されたモンスターの数×600アップする。
(3):手札から水属性モンスター1体を墓地へ送って発動できる。
除外されている自分の「マリンセス」モンスター1体を選んで特殊召喚する。

 ETERNITY CODEで登場した水属性サイバース族リンクモンスター
 スタンバイフェイズ水属性除外してドローできる誘発効果モンスター除外される度に自己強化する誘発効果水属性コストマリンセス帰還させる起動効果を持つ。

 (1)は水属性除外してのドロー
 アドバンテージの観点から基本的には墓地コスト発動する事になる。
 リンク召喚までの過程に使った水属性が存在するためコストがない事はまずないだろう。
 スタンバイフェイズ発動するためリンク召喚したターンでは発動できないが、維持できれば大きなハンド・アドバンテージを稼ぎ得る。
 ただ、【マリンセス】蘇生サルベージを基本とするデッキであり、墓地リソースを消耗するのは若干不都合が生じる事は肝に銘じておきたい。

 (2)はモンスター除外される度の自己強化
 (1)がトリガーとなるので特殊召喚したターンを除けば基本的に自身の攻撃力は3200以上が確保できる。
 この効果発動回数に制限が無いため、複数回除外すれば4000以上の攻撃力を得る事も可能。
 マリンセスには墓地コスト発動するモンスターも複数存在するため狙うのは難しくない。
 相手モンスター除外された場合でも発動するので、相手デッキ除外を多用する場合は相当な攻撃力も期待できる。

 (3)は水属性手札コストにしたマリンセス帰還
 (1)や自身の効果除外されたマリンセスを再利用しつつ、再び墓地へ送る事で再度(1)のコストとして利用できる。

 リンク4ながら【マリンセス】では手札1枚で出せるので重さは殆ど感じない(展開ルートはこちらを参照)。
 展開の途中でサーチできる《海晶乙女の闘海》により攻撃力も2000の強化ができ、(2)も合わさり【マリンセス】におけるメインアタッカーを務められる。
 効果耐性が無いのが弱点だが、《海晶乙女クリスタルハート》リンク素材にしていれば《海晶乙女の闘海》による耐性付与も可能。
 手札《海晶乙女波動》墓地《海晶乙女バシランリマ》等も用いて維持し続けアドバンテージを稼いでいきたい。

  • カード名の元ネタは、「バブル」+「グレート・バリア・リーフ」であろう。
    「グレート・バリア・リーフ」とはオーストラリア北東岸に広がる世界最大のサンゴ礁地帯のこと。
    世界遺産および自然遺産に登録されており、宇宙の人工衛星写真からでも確認できるほどの広大な面積をほこり、生物が作り出した単一の構造物としては世界最大級とされる。
    絶滅危惧種を含む多数の生命が住まう地でもあり、海洋生物をモデルにするマリンセスの切り札に相応しいカード名だといえる。
  • リンク召喚時の口上は「母なる大海の深き青よ。わが手に集い慈愛と浄化の力を与えよ。リンク召喚。現れろリンク4!!《海晶乙女グレート・バブル・リーフ》!」。
  • リンク召喚時には、両手で地球を包み込んだ後に光が海に降り注ぎ、そこから登った水滴が割れて中から現れる演出が見られた。

関連カード

収録パック等


Tag: 《海晶乙女グレート・バブル・リーフ》 モンスター リンクモンスター 効果モンスター リンク4 水属性 サイバース族 攻2600 マリンセス

広告