海晶乙女(マリンセス)コーラルアネモネ/Marincess Coral Anemone》

リンク・効果モンスター
リンク2/水属性/サイバース族/攻2000
【リンクマーカー:左/下】
水属性モンスター2体
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):自分の墓地の攻撃力1500以下の水属性モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターをこのカードのリンク先となる自分フィールドに特殊召喚する。
この効果の発動後、ターン終了時まで自分は水属性モンスターしか特殊召喚できない。
(2):このカードがフィールドから墓地へ送られた場合、
「海晶乙女コーラルアネモネ」以外の自分の墓地の「マリンセス」カード1枚を対象として発動できる。
そのカードを手札に加える。

 RISING RAMPAGEで登場した水属性サイバース族リンクモンスター
 攻撃力1500以下の水属性を自身のリンク先蘇生する起動効果フィールドから墓地へ送られた場合に同名カード以外のマリンセスカードサルベージできる誘発効果を持つ。

 リンク素材に関しては《マスター・ボーイ》を参照。
 この素材指定や(1)の効果から、【水属性】全般で採用を検討できるリンクモンスターと言える。
 特に、展開と墓地肥やしを行える《鬼ガエル》とは抜群の相性を誇る。

 (1)は攻撃力1500以下の水属性蘇生する効果
 特殊召喚制限以外にデメリットがないため、デッキ構築を意識すればそれほど重いデメリットではない。
 主にリンク素材としたモンスター蘇生し、リンク3に繋げるのが仕事となる。
 マリンセス主体ならば《海晶乙女シーホース》または《海晶乙女ブルータン》1枚で《海晶乙女ブルースラッグ》とこのカードを経由すれば可能。
 この場合は攻撃用の《シューティングコード・トーカー》と防御用の《海晶乙女マーブルド・ロック》を使い分けることができる。
 他にも《深海の大ウナギ》蘇生させリンク素材にすればリンク召喚した水属性モンスター強化を狙える。

 (2)はフィールドから墓地へ送られた場合にマリンセスカードサルベージする効果
 《海晶乙女マーブルド・ロック》リンク素材として墓地へ送ることで、《海晶乙女雪花》以外のサルベージしたマリンセス罠カード手札から発動できるようになる。

  • 英語で「コーラル(coral)」がサンゴ、「シーアネモネ(sea anemone)」がイソギンチャクであることを踏まえると、モチーフはイソギンチャクの一種「サンゴイソギンチャク」だろう。

関連カード

―《海晶乙女コーラルアネモネ》の姿が見られるカード

収録パック等


Tag: 《海晶乙女コーラルアネモネ》 モンスター リンクモンスター 効果モンスター リンク2 水属性 サイバース族 攻2000 マリンセス

広告