海晶乙女潮流(マリンセス・カレント)

通常罠
このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。
自分フィールドにリンク3以上の「マリンセス」モンスターが存在する場合、
このカードの発動は手札からもできる。
(1):自分の「マリンセス」リンクモンスターが戦闘で相手モンスターを破壊した時に発動できる。
その自分のモンスターのリンクマーカーの数×400ダメージを相手に与える。
自分フィールドにリンク2以上の「マリンセス」モンスターが存在し、
相手リンクモンスターを破壊した場合には、
破壊されたモンスターのリンクマーカーの数×500ダメージをさらに相手に与える。

 RISING RAMPAGEで登場した通常罠
 特定条件で手札から発動でき、マリンセス戦闘破壊した時にそのリンクマーカーの数だけダメージを与え、条件を満たした場合に破壊されたリンクモンスターリンクマーカーの数だけダメージを与える効果を持つ。

 手札から発動する効果については《海晶乙女波動》を参照。
 このカードは特に、効果を最大限活かせるのが自分バトルフェイズのみであり、普通にセットして使うのはタイムラグが大きすぎる。
 また、戦闘破壊をトリガーとするが、マリンセスは基本的に攻撃力が低い。
 リンクマーカーの数だけダメージを与える事もあり、リンク3かつ最も攻撃力が高い《海晶乙女マーブルド・ロック》を用いるのはほぼ必須の条件だろう。

 ただしこれだけでは1200ダメージにしかならず、条件を満たさなければならない事を考えると不足なので、出来る限り相手リンクモンスター戦闘破壊したい。
 現環境ではリンクモンスターと対峙することも多く、リンク2を戦闘破壊しても合計で2200、リンク4なら3200となり、戦闘ダメージも含めて相当なダメージ量を期待出来る。

 しかし、あくまでダメージを与えるのみで、アドバンテージを得られる効果ではない。
 加えて《海晶乙女マーブルド・ロック》でも攻撃力は2500しかないので《海晶乙女シースター》のサポートがなければ心許なく、事故要員となりがち。
 その上現環境ではそれほど有る事ではないが、相手にリンクモンスターがなければ厳しい条件付きの1200バーンにしかならない。
 様々な点から不安要素が多く、何も考えずに採用するのは勧められない。
 それでも採用するなら、マリンセスリンクモンスターサルベージを得意とする事を活かし、複数回の発動を狙って相手のライフポイントにプレッシャーをかけていくと良いだろう。

関連カード

イラスト関連

収録パック等


Tag: 《海晶乙女潮流》 通常罠 マリンセス

広告