鎧黒竜(がいこくりゅう)−サイバー・ダーク・ドラゴン/Cyberdark Dragon》

融合・効果モンスター
星8/闇属性/機械族/攻1000/守1000
「サイバー・ダーク・ホーン」+「サイバー・ダーク・エッジ」+「サイバー・ダーク・キール」
このカードは融合召喚でしか特殊召喚できない。
(1):このカードが特殊召喚に成功した場合、
自分の墓地のドラゴン族モンスター1体を対象として発動する。
そのドラゴン族モンスターを装備カード扱いとしてこのカードに装備する。
(2):このカードの攻撃力は、このカードの効果で装備したモンスターの元々の攻撃力分、
及び自分の墓地のモンスターの数×100アップする。
(3):このカードが戦闘で破壊される場合、
代わりに装備したそのモンスターを破壊する。 

 CYBERDARK IMPACTで登場した闇属性機械族融合モンスター
 サイバー・ダーク3種類を融合素材とし、サイバー・ダークの共通効果上位種とも言える効果墓地モンスターの数だけ攻撃力を100ポイントアップする永続効果を持つ。

 専用墓地融合魔法《サイバーダーク・インパクト!》を持ち、更に《サイバーダーク・インパクト!》《サイバー・ダーク・クロー》サーチできるため、融合召喚は難しくない。
 レベルサイバー・ダーク特殊召喚すると攻撃力が上がらず展開力に欠けるため、魔法カード1枚で特殊召喚し戦線を厚くできるこのカード【サイバー・ダーク】にとって重要な存在である。
 また、《融合準備》下級サイバー・ダークサーチできるようにするという役割も見込める。

 元々の攻撃力はわずか1000ポイントだが、自身の効果によって高い攻撃力を持つドラゴン族を装備する事で、その攻撃力を上乗せできる。
 特に《サイバー・ダーク・クロー》効果エクストラデッキモンスター墓地に送り装備するのが有効。
 メインデッキを圧迫することなく採用できるので、手札事故等の原因を減らすことにもなる。
 候補は単純な攻撃力上昇ならば攻撃力5000を誇る《F・G・D》《究極竜騎士》
 リカバリー等を考慮するなら、攻撃力4000でフィールドを離れた時に《シューティング・スター・ドラゴン》特殊召喚できる《シューティング・クェーサー・ドラゴン》
 破壊され墓地へ送られた場合にフィールドモンスターを一掃する《グリーディー・ヴェノム・フュージョン・ドラゴン》も候補になるか。
 これらが用意できない場合でも、下級サイバー・ダーク用のドラゴン族を装備するだけでもそれなりの戦力にはなる。

 もう1つの自己強化効果として自分墓地に存在するモンスターの数だけ攻撃力が上昇するが、上昇値は低めであり、《奈落の落とし穴》の射程圏内に入るデメリットにもなりうる。
 また、戦闘破壊される際に装備カードが身代わりとなる効果も持つが、再度装備カードを得る術を持たないのでその後はリンク素材くらいにしかならない。
 2つの自己強化効果攻撃力しか上がらないため守備表示にされると脆く、特に《月の書》等で裏側守備表示にされると装備カードも失ってしまう。
 《サイバーダーク・インフェルノ》があれば大抵の除去は防げるので、ぜひ併用したい。

  • アニメに登場した当初は装備できるドラゴン族相手墓地からも選択でき、自分墓地に存在するモンスターカード以外の枚数もパワーアップにカウントされた。
    「ヨハンvsヘルカイザー亮」戦ではOCGと同じ効果に変更された。
    また、アニメでのイラストは頭部を下げた構図になっており、背景は光の三原色を暗くしたような模様になっている。
    また、作中ではこのカードは最低でもデッキに2枚入っている事が確認できる。

関連カード

融合素材

―類似効果

―《鎧黒竜−サイバー・ダーク・ドラゴン》の姿が見られるカード

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等

FAQ

Q:同じサイバー・ダーク系のモンスターが装備するドラゴン族装備カード《力の集約》でこのカードに移し変えた場合、移譲は成功しますか?
  また、攻撃力の上昇はありますか?移譲されない場合それぞれのドラゴン族装備カードはどうなりますか?
A:一体のモンスターに装備されますが、攻撃力は追加されません。(10/01/21)

Q:《鎧黒竜−サイバー・ダーク・ドラゴン》で墓地《レッド・デーモンズ・ドラゴン/バスター》を装備しました。
  装備カード扱いの《レッド・デーモンズ・ドラゴン/バスター》破壊されたとき、《レッド・デーモンズ・ドラゴン》墓地から特殊召喚できますか?
A:可能です。(08/12/12)


Tag: 《鎧黒竜−サイバー・ダーク・ドラゴン》 融合モンスター 効果モンスター モンスター 星8 闇属性 機械族 攻1000 守1000 正規の方法以外での特殊召喚不可 サイバー・ダーク

広告