嚇灼(かくしゃく)魔神(まじん)/Bonfire Colossus》

効果モンスター
星8/炎属性/獣戦士族/攻2600/守2200
自分フィールド上に炎属性モンスターが存在する場合、
このカードは手札から特殊召喚できる。
このカードが特殊召喚に成功した時、
自分フィールド上の炎属性モンスター2体を選択して破壊する。

 EXTRA PACK −SWORD OF KNIGHTS−で登場した炎属性獣戦士族最上級モンスター
 自身を特殊召喚できる召喚ルール効果と、自身の特殊召喚に成功した時に自分モンスター破壊する誘発効果を持つ。

 自己特殊召喚の条件は緩いが、その後に自分モンスター破壊しなければならない。
 フィールド炎属性が1体の時に特殊召喚した場合、必然的にその炎属性と自身を対象とする事となってしまう。
 特殊召喚効果ボード・アドバンテージを失うにも関わらず、フィールドに出した後はバニラ同然である事も辛い。

 炎王などを破壊するにしても、同じ召喚条件特殊召喚できる《怨念の魂 業火》でほとんど十分である。
 あちらはステータスはこちらより低いものの、破壊するのは自身の召喚条件による特殊召喚時のみで破壊するモンスターも1体で済む。
 更に、自己強化を持ち維持できればノーコスト火の玉トークンを生成できる効果もあり、使い勝手は《怨念の魂 業火》より劣ると言わざるを得ない。
 《真竜皇アグニマズドV》炎属性2体を破壊して特殊召喚すると除去効果を使えるので、このカードよりも使い勝手が良い。

 利点があるとすれば《炎王の急襲》リクルート可能なレベル8という点であろう。
 同レベルリクルート可能なのはこのカードの他にはエクシーズ召喚先に制限がある《熱血獣王ベアーマン》しか存在しない。
 炎属性中心でランク8を取り入れる場合ならば採用も検討できなくはない。

  • 元々は、海外版Cosmo Blazerで追加された10種の海外新規カードの内の1枚である。

関連カード

収録パック等

FAQ

Q:自身の特殊召喚チェーンブロックを作りますか?
A:作りません。(13/05/22)

Q:破壊対象にしたモンスターの一方が効果解決時に存在しない場合はどうなりますか?
A:その場合、残りの対象に選択したモンスター破壊されます。(13/05/18)

Q:自分フィールド上に炎属性モンスターが存在しない状態で特殊召喚され、破壊する誘発効果発動した場合、このカード1体のみを対象にとって発動しますか?
A:発動チェーンブロックが発生しますが、2体対象を選択できないため選択せず何も破壊しません。(13/05/22)

Q:《ギブ&テイク》効果相手フィールド上に特殊召喚された場合、コントローラーフィールド破壊効果発動しますか?
A:はい、発動します。(13/05/22)


Tag: 《嚇灼の魔神》 効果モンスター モンスター 星8 炎属性 獣戦士族 攻2600 守2200

広告