覚星師(かくせいし)ライズベルト/Risebell the Star Psycher》

効果モンスター
星4/風属性/サイキック族/攻1500/守1500
1ターンに1度、フィールド上に表側表示で存在する
モンスター1体を選択して発動できる。
選択したモンスターのレベルを1つ上げる。
この効果は相手ターンでも発動できる。

 SHADOW SPECTERSで登場した風属性サイキック族下級モンスター
 フィールド上のモンスターレベルを1つ上げる誘発即時効果を持つ。

 《調星師ライズベルト》と比べ、レベルステータスが上昇し、効果誘発即時効果になり、レベル変動幅が1のみ、持続期間が永続となった。

 タイミングを選ばなくなったため、手札に来ても効果を使いにくいということがなく、フィールドに置いておくだけで相手エクシーズ召喚を妨害することができる。
 《緊急テレポート》レベル3のサイキック族モンスター特殊召喚、このカード召喚すれば、ランク4のエクシーズ召喚も狙っていける。
 反面、レベル4になったことで《調星師ライズベルト》の最大の強みとも言える《緊急テレポート》からの発動ができなくなってしまっており、運用は全く異なってくる。

 自身や味方のレベルを上げる用途ならば、レベルモンスターに限ってもかなりの種類が存在し、種族などで他に相性の良いカードがあるならそれを差し置いて採用するほどのものではない。
 一方、任意のタイミングで相手モンスターレベルを操作することができるモンスター効果はなかなか珍しい。
 相手シンクロ召喚エクシーズ召喚の妨害に使える。
 また、《手のひら返し》発動条件をいつでも満たせるため、このカードフリーチェーンのように発動できるようになる。
 《緊急テレポート》にこそ対応していないが、風属性サイキック族なので《ドラゴンフライ》《ガスタ・サンボルト》《静寂のサイコウィッチ》等、リクルート手段には恵まれている。

 維持するには少しステータスが心許なく、シンクロエクシーズ素材となるモンスターにも戦闘破壊されやすい。
 この効果で変動するレベルは永続的なので、使い切りとしてもエクシーズ召喚の邪魔はできるが、《フューチャー・グロウ》などで戦闘面を補い、積極的にフィールドに維持するというのも手ではある。
 構築を極端に歪めずとも実行でき、エクシーズ召喚主体のデッキ、特に近似する複数のランクを扱わないものに対しては大きな拘束力を発揮し得る。
 ただし、シンクロ召喚の場合は相手の狙いこそ外すことはできても、1つ上のレベルシンクロモンスターが普通に出てくることも珍しくない。
 無論、除去効果を持ったモンスターを出されればレベルを上げたところで除去されてしまう。

関連カード

収録パック等


Tag: 《覚星師ライズベルト》 効果モンスター モンスター 星4 風属性 サイキック族 攻1500 守1500

広告