岩投(いわな)げアタック/Rock Bombardment》

通常罠
自分のデッキから岩石族モンスター1体を選択して墓地へ送る。
相手ライフに500ポイントダメージを与える。
その後デッキをシャッフルする。

 THE LOST MILLENNIUMで登場した通常罠
 岩石族モンスター専用の《おろかな埋葬》バーン効果を持つ。

 《おろかな埋葬》と違い罠カードなので速効性がなく、コスト墓地へ送られた時に発動する効果を持つ岩石族も数は少ない。
 しかし、岩石族には《ブロック・ゴーレム》による蘇生《メガロック・ドラゴン》《地球巨人 ガイア・プレート》墓地コストを稼ぐ等、墓地肥やしが重要になる事も少なくない。
 また、【ダーク・ガイア】とも相性が良いので2枚目以降の《おろかな埋葬》として運用する価値は十分にあるだろう。
 加えて岩石族墓地モンスター除外するカードが豊富なので、《化石岩の解放》による間接的リクルートも可能となる。
 追加効果は500という些細なダメージだが、これらのモンスターは大きな戦闘ダメージを与えられるため多少なりとも役立つ。

 フリーチェーン罠カードであり、相手《サイクロン》等の除去カードを無駄撃ちさせる事ができる。
 とはいえ受動的な用途であるため狙って使う事は難しく、待っている間に墓地へ送るべきモンスタードローしてしまう事も十分にありえる。
 あくまで上記の通り墓地を肥やすためのカードとして運用すべきだろう。

 磁石の戦士等を墓地へ送る事で、《闇の量産工場》《ブロック・ゴーレム》等に繋げる手もある。
 これにより素早く《磁石の戦士マグネット・バルキリオン》特殊召喚する事ができるが、実際の手札消費はあまり変わらない。
 《レスキューラビット》から特殊召喚できる《ラヴァルバル・チェイン》の存在も気になるが、足りないパーツをピンポイントで落とせるので《闇の量産工場》《ブロック・ゴーレム》等を多用する場合は役立つ。

 《リバイバルゴーレム》墓地へ送ることで、フリーチェーンサーチあるいは特殊召喚として運用できる。
 また、《タックルセイダー》墓地へ送れば、擬似的な《月の書》のような動きをすることも可能。
 墓地肥やしついでに相手の行動を阻害できるようになるため、このカードを採用するのならばこういったモンスターも共にデッキに忍ばせておくことで、単体での汎用性が増す。

 蘇生カードが必要となるが、一部の岩石族モンスター完全蘇生を狙いやすく相性が良い。
 《守護者スフィンクス》等のサイクル・リバースモンスターはもちろん、《N・グラン・モール》ならば《リミット・リバース》にも対応する。

  • ネーミングがあまりに直球なカードの1枚。
    英語名も「岩の砲撃」になる。

関連カード

収録パック等

FAQ

Q:カード墓地へ送るのは効果ですか?コストですか?
A:コストになります。(10/12/11)

Q:発動及び効果無効化された場合、デッキシャッフルしなくて良いのですか?
A:いいえ、ルールで必ずシャッフルします。

Q:このカード効果シャッフルする行為は効果処理として扱いますか?
  また、相手のこのカード効果ダメージを受けその後デッキシャッフルした場合、自分《ダメージ・メイジ》特殊召喚する効果発動できますか?
A:効果処理として扱いません。
  ご質問の状況の場合、チェーン1で発動した《岩投げアタック》によってダメージを受けた場合であれば、手札《ダメージ・メイジ》効果発動する事ができます。(14/03/27)

広告