奇跡(きせき)方舟(はこぶね)/Shinato's Ark》

儀式魔法
「天界王 シナト」の降臨に必要。
フィールドか手札から、レベルが8以上になるよう
カードを生け贄に捧げなければならない。

 ※テキスト中の「生け贄」は「リリース」を指す。

 ガーディアンの力で登場した儀式魔法
 《天界王 シナト》降臨させる。

 他の多くの儀式魔法にも言えるが、デッキからのリリース調達が可能な《高等儀式術》との二択採用になる。
 儀式魔人を併用する場合や、デッキ構成を縛りたくない場合は《儀式の下準備》とセットでこちらを投入することになるだろう。

  • 方舟とは、長方形の形をした船のことであり、「箱舟」と表記されることもある。
    旧約聖書の創世記(6章〜9章)における記述、俗に言う「ノアの方舟」が有名である。
    英語名には「Ark」が用いられているが、方舟を意味する語としてこれが使われる場合、ほとんどはこの「ノアの方舟」を指す。
  • 地上に増え始めた人々が悪を行っているのを見て、神はこれを洪水で滅ぼすとノアに告げ、同時に方舟の製造を命じた。
    ノアは方舟を完成させると、家族とその妻子、すべての動物のつがいを方舟に乗せた。
    その後起きた洪水は四十日四十夜続き、方舟に乗り込まなかった地上に生きていたものを滅ぼした。
  • 似たような洪水伝説は世界各地の神話に残されており、人類最古の叙事詩「ギルガメシュ叙事詩」にも洪水伝説を彷彿とさせる記述がある。
  • なお、下記のアニメオリジナル「乃亜編」で登場した乃亜はこれが名前の由来と考えられ、方舟のエピソードも通常魔法《大洪水》で再現されている。
    だからこそ《天界王 シナト》がなぜ仏教的な姿なのか不明だが。
  • 原作・アニメにおいて―
    アニメオリジナル「乃亜編」における「海馬vs乃亜」戦において登場。
    このときはモンスターカードであり、デッキマスターとして登場した。
    その防御能力・回復能力でライフを大きく回復し、海馬を大いに苦しめた。
    デッキマスター時の効果OCG風にすると以下の様な感じだろうか。
    自分のターンに一度だけ発動できる。
    そのデュエル中、お互いに墓地で発動するモンスターの効果は無効になり、
    お互いの墓地に存在するモンスターはこのカード以外の効果を受けない。 
    また、この効果が有効である限り、以下の効果を発動する事が出来る。
    ●お互いの墓地のモンスターを全てゲームから除外することで、
    1枚につき500ライフを回復する。
    ●相手のバトルフェイズ開始時、相手フィールド上に存在する
    モンスターの数だけお互いの墓地に存在するモンスターをランダムに選択し、
    表側守備表示で特殊召喚する。
    このカードが破壊された時、「天界王 シナト」一体を特殊召喚する。
    《大火葬》《魂吸収》《ソウルドレイン》を併せ持つような効果である。
    最終的に《ラストバトル!》特殊召喚されたが、なぜか最後まで攻撃力守備力は不明だった。
    《青眼の白龍》戦闘破壊されていることから、とりあえず攻撃力3000未満なのは確からしい。
    墓地掌握効果の名前は「収容能力」、回復効果は「生命の回復」、モンスター特殊召喚する効果は「絶対防御」。

関連カード

収録パック等


Tag: 《奇跡の方舟》 魔法 儀式魔法

広告