寄生虫(きせいちゅう)パラノイド》

効果モンスター
星2/地属性/昆虫族/攻 500/守 300
このカード名の(1)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):フィールドの表側表示モンスター1体を対象として発動できる。
このカードを手札から装備カード扱いとしてそのモンスターに装備する。
装備モンスターは種族が昆虫族になり、昆虫族モンスターを攻撃できず、
昆虫族モンスターを対象として発動した装備モンスターの効果は無効化される。
この効果は相手ターンでも発動できる。
(2):装備カード扱いのこのカードが墓地へ送られた場合に発動できる。
手札からレベル7以上の昆虫族モンスター1体を召喚条件を無視して特殊召喚する。

 デュエリストパック−レジェンドデュエリスト編2−で登場した地属性昆虫族下級モンスター
 フィールドモンスター装備カードとなり、装備モンスター昆虫族にして昆虫族モンスター対象とした攻撃効果を封じる誘発即時効果装備カード扱いの自身が墓地へ送られた場合に手札からレベル7以上の昆虫族1体を召喚条件を無視して特殊召喚する誘発効果を持つ。

 (1)は自身を手札から装備カード扱いとしてフィールドモンスターに装備する効果
 装備モンスター昆虫族となり、昆虫族モンスターに対しての攻撃効果を封じられる。
 フリーチェーン手札から発動できるのが最大の強みで、【昆虫族】ではさながら、疑似《デモンズ・チェーン》のような動きができる。
 元々の種族が何であれ、相手モンスターが自身を対象発動した効果チェーン発動すれば、そのモンスター昆虫族になるため効果無効にできる。
 その他、《リミッター解除》などの特定の種族に影響を与えるタイプの効果や、《エヴォルカイザー・ラギア》のように素材に種族を指定しているエクストラデッキモンスターに対するメタカードとして機能する。
 種族に影響せず、対象をとらない効果に対しては意味のない効果となるが、その場合でも(2)の効果があるため腐らせにくい。

 (2)は装備カード扱いから墓地へ送られた場合に、手札からレベル7以上の昆虫族1体を召喚条件を無視して特殊召喚する効果
 自分フィールドモンスター破壊される際にチェーンして装備することで、《代打バッター》のような動きもできる。
 逆に、相手モンスター戦闘破壊する際にその相手モンスターに装備すれば、手札から特殊召喚した昆虫族でさらなる追撃も可能。
 自身の効果以外で装備カードになっている場合でも発動でき、《甲虫装機 エクサビートル》で装備して墓地へ送ることで、特殊召喚除去を同時に行える。
 ただし、甲虫装機にはレベル7以上のモンスターが存在せず、【昆虫族】では《甲虫装機 エクサビートル》エクシーズ召喚は難しいため、このコンボを狙うには構築に工夫が必要。

 《代打バッター》と比較した場合、あちらは特殊召喚できる昆虫族モンスターレベルの制限がなく、《大樹海》とのシナジーが強い。
 こちらならではの強みは、手札から発動できる奇襲性と、相手モンスター破壊する際にも効果が使えるため、特殊召喚先を最上級モンスターのみに絞る場合は取り回しが効きやすい。
 元々腐りにくいカードではあるが、《デビルドーザー》手札から特殊召喚できる点も《代打バッター》にはない利点。
 上級最上級昆虫族モンスターを多数採用する【昆虫族】ならば、いっそ《代打バッター》と併用するのもありだろう。

 《超進化の繭》とは抜群のシナジーを誇り、(1)の効果で「装備カードを装備した昆虫族モンスター」を用意できるため、あちらの発動条件を満たせる。
 相手モンスターに装備してやれば、フリーチェーン除去として使用することも可能。
 更にこのカードの(2)の効果とあちらの効果で2体の昆虫族を展開できる。

  • 「パラノイド(paranoid)」は英語で「偏執症(患者)」「非常に疑り深い人」などを意味する。
    ただ、モンスター効果には特にそれをイメージしたものが見られないので、単に《寄生虫パラサイド》と語感の近い言葉を選んだだけと思われる。
  • あまりにもグロテスクだった《寄生虫パラサイド》と異なり、ファンタジー気質なムカデといったイラストとなっている。
    一見すると腕に絡みついているだけのように見えるが、よく見ると腕を貫通していることが分かる。

関連カード

リメイク

(2)の効果で特殊召喚できる昆虫族

通常モンスター

効果モンスター通常召喚モンスター

効果モンスター特殊召喚モンスター

儀式モンスター

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等


Tag: 《寄生虫パラノイド》 効果モンスター モンスター 星2 地属性 昆虫族 攻500 守300

広告