希望(きぼう)魔術師(まじゅつし)

エクシーズ・ペンデュラム・効果モンスター
ランク4/光属性/魔法使い族/攻2500/守2000
【Pスケール:青8/赤8】
(1):1ターンに1度、自分または相手のモンスターの攻撃宣言時に発動できる。
その攻撃を無効にする。
その後、このカードを破壊する。
【モンスター効果】
レベル4モンスター×2
レベル4がP召喚可能な場合にEXデッキの表側表示のこのカードはP召喚できる。
このカード名の(1)のモンスター効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードのX素材を1つ取り除いて発動できる。
手札からレベル7以下のPモンスター1体を効果を無効にして守備表示で特殊召喚する。
その後、表側表示のこのカードを自分のPゾーンに置く事ができる。
(2):このカードがP召喚に成功した場合、自分の墓地のPモンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターをこのカードの下に重ねてX素材とする。

 Vジャンプ(2018年6月号) 付属カードで登場した光属性魔法使い族エクシーズペンデュラムモンスター
 攻撃無効にして自壊するペンデュラム効果、自身のペンデュラム召喚に関する効果外テキスト手札からペンデュラムモンスター特殊召喚し、ペンデュラムゾーンに移動できる起動効果ペンデュラム召喚に成功した場合に自身にエクシーズ素材を補充できる誘発効果を持つ。

 エクシーズ素材レベル以外の指定はないが、カードの効果を使用するためにはペンデュラムモンスターの併用が必須。
 採用を検討しうるのは【ペンデュラム召喚】系統のデッキに限られる。

 ペンデュラム効果は、モンスター攻撃無効にし、その後自身を破壊する効果
 ある程度の牽制にはなるが、基本的に1度しか発動できないため、1体の攻撃しかしのげないと考えていい。
 魔術師ペンデュラムモンスターなので、自壊効果《星霜のペンデュラムグラフ》《星刻の魔術師》等とコンボする事は可能。
 なお、《ペンデュラム・スイッチ》を使うのでなければ、自身の(1)のモンスター効果を利用しなければペンデュラムゾーンに置く事はできない。

 (1)のモンスター効果は、手札からレベル7以下のペンデュラムモンスター特殊召喚し、その後自身をペンデュラムゾーンに置く事ができる効果
 特殊召喚したモンスター守備表示効果無効になるので、各種素材に使うことになる。
 しかし、基本的にペンデュラムモンスターを多数採用している場合、手札ペンデュラムモンスターペンデュラム召喚で出せることが多い。
 モンスターの展開手段というよりは、このカードペンデュラムゾーンに置くための事実上の発動条件ととらえるべきか。
 自身をペンデュラムゾーンに置くかどうかは任意であり、ペンデュラムゾーンが埋まっていても使用はできる。

 (2)のモンスター効果は、自身のペンデュラム召喚に成功した場合にエクシーズ素材を補充する効果
 エクシーズ素材を補充できるので、(1)のモンスター効果が(1ターンに1度ではあるが)再び発動できるようになる。
 しかし、このカードペンデュラム召喚できる状況であれば手札からもペンデュラム召喚ができる上、ペンデュラムゾーンが既に2カ所埋まっているという事である。
 そのため、この効果を使える状況では、(1)のモンスター効果を使う意味が薄いという、矛盾した設計となってしまっている。

 この効果の活用を考えるならば、ペンデュラム召喚→(2)のモンスター効果→(1)のモンスター効果と繋げるために、ペンデュラムゾーンを空けつつペンデュラムモンスターサーチできる《天空の虹彩》《揺れる眼差し》を併用したい。
 《EMペンデュラム・マジシャン》は同様の動きができる上、このカードエクシーズ素材にもなれる。
 《虹彩の魔術師》はこのカードペンデュラム召喚した後ペンデュラム効果自壊しつつペンデュラムグラフサーチし、ペンデュラムゾーンに置かれたこのカードをサポートできる。
 これらを使用できるデッキとなると【魔術師】だが、実のところ《虹彩の魔術師》等を繰り返しペンデュラム召喚した方がアドバンテージ面で優れており、エクシーズ召喚の手間もかかるこのカード【魔術師】で使う意義は薄い。
 《星刻の魔術師》と併用すれば攻撃無効にし、破壊の代わりに墓地を肥やすことができるため一応意義は出てくる。
 相手攻撃の牽制の他、自分攻撃無効にして能動的に墓地魔法使い族を送り込める。

 (1)のモンスター効果ペンデュラム効果エクストラデッキからペンデュラム召喚→(2)のモンスター効果…というサイクルで、全ての効果を継続的に使用できるデザインになっている。
 しかしながら、このサイクルで得られるメリットは「手札からペンデュラムモンスター1体を効果無効特殊召喚」し「攻撃を1度だけ無効」にするだけで、貴重なエクストラデッキからのペンデュラム召喚枠を使用したいような効果とは言い難い。
 レベルモンスター×2をスケール8に変換できるカードと見なせば、使い道はあるかといった所である。

関連カード

イラスト関連

収録パック等

FAQ

(1)のペンデュラム効果について

Q:自分《ペンデュラム・コール》発動したターンモンスター攻撃宣言を行い、その時に《希望の魔術師》のペンデュラム効果発動しました。
  この場合、攻撃無効になった時に《ダブル・アップ・チャンス》発動できますか?
A:《希望の魔術師》は破壊されない状況ですが、『その後、このカード破壊する』処理が行われます。
  したがって、《ダブル・アップ・チャンス》発動する事はできません。(18/04/23)


Tag: 《希望の魔術師》 モンスター エクシーズモンスター ペンデュラムモンスター 効果モンスター ランク4 光属性 魔法使い族 攻2500 守2000 スケール8 魔術師

広告